読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

在日

朝鮮人虐殺否定本の暴動隠蔽陰謀論がイミフ過ぎて泣けてくる

前にも書いたが、加藤康男著『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』(ワック 2014年)における虐殺否定論は、論理的には次のような構造を持っている。 朝鮮人が暴動を起こしているというのは流言ではなく事実だった その証拠に、震災直後の新聞に暴動を伝…

朝鮮人虐殺否定本の傍証にならない傍証

加藤康男著『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』(ワック 2014年)が朝鮮人による暴動の証拠として挙げた新聞記事が、この本がもっぱら依拠する9月3日付東京日日新聞も含めまったく信用できないことについては、前回記事で説明した。 今回は、加藤氏…

関東大震災朝鮮人虐殺否定本のデタラメは東京日日新聞を読むだけでバレる

ネット上には関東大震災時の朝鮮人虐殺を否定する妄言があふれているが、そのほぼ唯一のネタ本となっているのが、加藤康男著『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』(ワック 2014年)である。※1 この本の虐殺否定論の骨子を整理すると、次のようになる。…

関東大震災時、「不逞日本人」が悪事を働き、朝鮮人に濡れ衣を着せた

関東大震災時、朝鮮人が暴動を起こしているという流言がどこで、なぜ発生したのかについては、あまり良く分かっていない。 はっきりしているのは、そうした流言が早くも地震発生当日(9月1日)午後から横浜(東京の一部地域も?)で発生し、急速に周囲に広…

小学生の恐ろしい作文

「震災作文」というものがある。 関東大震災で被災地のただ中にあった小学校の子どもたちが、「そのとき」の思い出を書いた作文だ。壊滅状態となった横浜市の寿小、磯子小、南吉田第二小、東京では京橋小や横川小などの文集が残っている。 いずれにも、子ど…

「朝鮮人が井戸に毒を入れた」という流言の実態

関連記事: 天下晴れての人殺し 関東大震災時の朝鮮人に関するデマの中に、「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んでいる」というものがあった。 常識的に考えて、来るかどうかもわからない、仮に来るとしてもいつどこに来るか見当もつかない大災害時の混乱を狙って大…

天下晴れての人殺し

関東大震災時の朝鮮人虐殺について、殺害現場を見たという証言はかなりの数が残されているのに対して、「オレがやった」という加害証言はほとんど見当たらない。 いったん狂乱状態から醒めてしまえば、自分の手で人を殺したという告白が容易にできないのは当…

米倉斉加年さんとモランボンの「ジャン」

名優、米倉斉加年(よねくら・まさかね)さんが亡くなられた。 米倉さんといえば、「モランボンのジャン」のCMを抜きには語れないと思うのだが、主要メディアの訃報でこれを取り上げたものがあっただろうか? Web上では、かろうじて次の二つが見つかっただけ…

傷痍軍人とは誰だったのか

落合恵子さんが、東京新聞のコラム(6/20)で、子ども時代に目撃した「傷痍軍人」のことを書いている。 この道 ―私を私にしたもの― 落合恵子 (10) アコーディオン 敗戦後の郷里、宇都宮での日々をノスタルジーだけ書くことはできない。 … そんな時、街の目ぬ…

ついに福島県が朝鮮学校の除染を決定

先ほど金明秀さんのTwitter経由で入ってきた情報。 「各種学校」だからと福島朝鮮初中級学校を除染対象から排除してきた福島県が、ついに態度を改めたとのこと。 @rysyrys 梁英聖 福島県私学法人課に電話したら、福島朝鮮初中級学校が校庭等土壌緊急改良事…

朝鮮学校の除染をやらないための理屈

文科省はもちろん、福島県も郡山市も、福島朝鮮初中級学校の除染をしてくれない。 それはなぜか?実際に行政との交渉にあたったかっちんさんのブログに、向こうの言い分が書かれている。 かっちんの青商会物語(6/30): 福島ハッキョの表土撤去の交渉−その①…

被曝しても差別

いわゆる20mSv問題で、福島県郡山市は市長独自の判断により、文科省基準を下回る線量であっても学校校庭の除染を行うことを決めた。 郡山市HP「災害対策本部からのお知らせ」(4/25): 校庭・所庭の表土の除去及び放射線測定器の寄附並びに配布 次に、校庭…

「よそ者」には恩を仇で返すのが美しい日本の伝統文化

別エントリーでも書いたように、今回の東日本大震災でも阪神淡路大震災のときと同様、朝鮮学校が避難場所や住民支援の拠点として活躍している。 仙台市八木山にある東北朝鮮初中級学校でも、全国の在日有志や総連組織から送られた物資を使って、周辺住民への…

アジアカップ優勝が生んだ素晴らしすぎる産経「主張」

しばらく仕事で海外に行っていたせいで、すっかり日本のニュースにうとくなってしまった。 不在の間にたまったフィードを読み返していたら、安禅不必須山水さんのこの記事に遭遇。 今朝の産経主張、イザで読みました。 サッカーのアジア杯での優勝を絶賛し、…

敵性外国人、というわけか?

朝鮮学校無償化、当面対象外に 官房長官「手続き停止」(Asahi.com) 仙谷由人官房長官は24日午前の記者会見で、在日朝鮮人の子弟らが通う朝鮮学校への高校無償化制度適用について「昨日、今日の事態のなかで、現在進めているプロセスをいったん停止すると…

関東大震災後の熊谷市での虐殺

前回に引き続き、民衆(自警団)の手による虐殺を取り上げる。今回取り上げるのは埼玉県熊谷市で起きた事例だが、東京や神奈川での虐殺例とは少し状況が異なっている。 震災によって壊滅的打撃を受けた東京や神奈川では、被害に打ちのめされた民衆が流言飛語…

87年前の今頃は

私の住んでいるこのあたりでも、朝鮮人狩りが行われていたはずだ。 関東大震災後の朝鮮人虐殺については、いまだに真相究明も謝罪も行われていない。 それどころか、この恥ずべき事実を否定しようとする歴史歪曲本が本屋に平積みになっているという、恥の上…

管総理談話が無視しているもの

前の記事では管総理談話に何が書かれているかを見てきたが、ここでは何が「書かれていないか」について考えてみる。 すぐ気がつくのは、在日韓国・朝鮮人に関する言及が一切ないことだ。 彼らは、過酷な植民地支配の結果として故郷を離れ、日本本土で生きる…

「寅さん在日説」への違和感

ふたたび「池田香代子ブログ」からの話題。*1「国民的人気者」の寅さんが(映画では明かされていないが)実は在日だった、という話は、いい話、深い設定、といった文脈で語られることが多いように思う。しかし、私はこれには違和感を感じる。それは、ほかな…