読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

史上最悪の証拠隠滅犯の死

11月25日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去した。90歳。20世紀の歴史を作ってきた人物がまた一人この世を去った。 朝日新聞(11/26): フィデル・カストロ氏死去 キューバ前議長、90歳 キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が25…

シンガポールは日本軍に感謝などしていないという当たり前の事実に関する若干の補足

■ シンガポールは日本軍に感謝しているというあきれた妄説 大達茂雄のシンガポール占領行政への関与に触れたついでに、もう少しシンガポールについて書くことにする。 井上和彦氏という産経文化人(「軍事ジャーナリスト」らしい)がいるのだが、この人、シ…

「かわいそうなぞう」を殺した大達茂雄が戦後は文部大臣となって歴史教育を殺した

「かわいそうなぞう」で描かれた猛獣虐殺を命じた東京都長官大達茂雄の経歴を見ると、いくつか重要なポイントが見つかる。 昭南特別市長(兼陸軍司政長官) 1942年3月—1943年7月 東京都長官 1943年7月—1944年7月 内務大臣(小磯内閣) 1944年7月—1945年…

日中平和友好条約締結時にも尖閣棚上げは合意されている。

関連記事: 尖閣「棚上げ合意」は事実。日本政府はいい加減に詭弁を弄するのをやめよ。 日中会談記録は本当に改竄されていた 上記記事で、私は1972年9月の日中国交正常化交渉の際、田中角栄首相と周恩来総理との間で尖閣問題の棚上げについて合意しているこ…

日中会談記録は本当に改竄されていた

関連記事:尖閣「棚上げ合意」は事実。日本政府はいい加減に詭弁を弄するのをやめよ。 上記記事の中で、私は外務省による日中国交正常化時の会談記録に不自然な部分があることを指摘し、疑問を呈しておいた。 備考:周発言の後で田中が改めて同意を表明した…

官僚は名指しで批判し、責任を取らせるべき

毎日新聞の調査により、安井正也という経産官僚が、使用済み核燃料の再処理を行わずに「直接処分」をしたほうが費用は3分の1以下で済むことを示した試算データを隠蔽していたことが明らかになった。 毎日新聞(1/1): 核燃サイクル:直接処分コスト隠蔽 …

疑問氷解 なぜ財務省は消費税を上げたがるのか

財務省のパペットである野田首相が、今年も年頭から前のめりに消費税増税をぶち上げている。 財務省はどうしても消費税を上げたいらしい。 しかし、ここで大きな疑問がある。 財務省の悲願は危機的状態にある(と財務省が主張する)財政赤字の削減であるは…