読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

知る権利

国際人権規約をつまみ食いする自民党

東京新聞が、国際人権規約に関する自民党の二枚舌を厳しく批判している。 東京新聞(12/1): 自民「人権規約」二枚舌 「秘密法案は違反」を無視 … 国際人権規約は「知る権利」に関して「制限されるのは、国の安全や公の秩序などの目的のため、必要とされる…

秘密保護法で得をするのは官僚だけ

関連記事: 秘密保護法案に断固反対 斎藤美奈子氏の秘密保護法案に関するコラムが鋭い。 東京新聞(11/6): 官僚国家への道 今国会で政府が成立をもくろむ特定秘密保護法案。私が中央官庁の官僚だったら、今頃、マヌケな政府・与党をせせら笑っているだろ…

元米国国防総省高官すら危惧する秘密保護法案のデタラメさ

関連記事: 秘密保護法案に断固反対 秘密保護法で得をするのは官僚だけ 共同通信が、米国の核戦略の専門家で国防総省や国家安全保障会議(NSC)の高官を歴任したモートン・ハルペリン氏(75)へのインタビューを掲載している。 9.11同時多発テロ後のパニック…

日本の情報公開度は中国以下

関連記事:秘密保護法案に断固反対 1965年、北朝鮮が再度の韓国侵攻を企て、中国に軍事支援を要請していたことが分かった。 東京新聞(10/25): 「第2の朝鮮戦争」65年に準備 北が派兵要請 中国機密文書 【ソウル=篠ケ瀬祐司】中国・人民大教授の成暁…

秘密保護法案に断固反対

政府が法制化を狙っている「特定秘密の保護に関する法律案」だが、読めば読むほどひどい内容で、呆れ返るしかない。 まさに、民主主義を根底から破壊する、戦前の治安維持法の再来のような代物である。 日弁連による解説が分かりやすい。 同じく日弁連によ…

マイケル・ムーアがWikiLeaksアサンジ氏の保釈金を提供

「華氏911」「シッコ」のあのマイケル・ムーア監督がジュリアン・アサンジ氏の保釈金を提供していた! ムーア監督の書簡を訳出してくれた日南田@広島さんのレイバーネットML投稿を薔薇、または陽だまりの猫さん経由で転載。(一部テキストの強調は私による…

WikiLeaks弾圧に抗議する署名サイト

署名サイトAvaaz.orgに、WikiLeaksへの弾圧に抗議する署名ページができている。 以下、趣旨の超訳: WikiLeaksに対する悪質な威嚇作戦は間違っており、危険であり、また法の支配を掘り崩すものです。米国の大物政治家たちはWikiLeaksにテロ組織との烙印を押…

WikiLeaksを断固支持する

とりあえず、これだけは言っておきたい。 WikiLeaksの行為や信条に対しては賛否両論があるだろうが、少なくともヒラリー・クリントンら米政府高官連中が主張する、機密暴露によって「関係者が危険にさらされる」、といった類の非難は受け入れがたい。お前た…