読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

めでたくチェルノブイリ級に到達

ずっとレベル4だの5だのと寝言を繰り返してきた原子力安全・保安院が、今日になって急に福島第一原発の事故レベルをチェルノブイリ級の7に引き上げた。

asahi.com:

福島原発事故、最悪「レベル7」 チェルノブイリ級に

2011年4月12日12時39分

 

 福島第一原発の事故について、経済産業省原子力安全・保安院原子力安全委員会は、これまでに放出された放射性物質が大量かつ広範にわたるとして、国際的な事故評価尺度(INES)で「深刻な事故」とされるレベル7に引き上げた。原子力史上最悪の1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故に匹敵する。放射性物質の外部への放出量は1けた小さいという。12日午前に発表した。

 保安院は3月11日の事故直後、暫定評価でレベル4としていた。放射性物質原子力施設外に放出されるような事故はレベル4になり、それ以上は、外部に放出された放射性物質の量でレベルが決まってくる。

 18日に79年の米スリーマイル島原発事故に匹敵するレベル5に引き上げた。レベル5は放射性ヨウ素に換算して数百〜数千テラベクレル(テラは1兆倍)の放出が基準だ。その後、放出された放射性物質の総量を推定したところ、放射性ヨウ素換算で37万〜63万テラベクレルになった。INESの評価のレベル7にあたる数万テラベクレル以上に相当した。東京電力によると、全放射能量の1%程度にあたるという。福島第一原発では今でも外部への放出は続いている。

 チェルノブイリ事故では爆発と火災が長引き、放射性物質が広範囲に広がり世界的な汚染につながった。実際の放出量は520万テラベクレルとされている。福島第一原発の事故での放出量はその1割程度だが重大な外部放出と評価した。評価結果は国際原子力機関IAEA)に報告した。

 東京電力原子力・立地本部の松本純一本部長代理は会見で「放出は現在も完全に止まっておらず、放出量がチェルノブイリに迫ったり超えたりする懸念もあると考えている」と話した。

実にめでたい。なにしろINESの事故評価尺度にはレベル7までしかない。これからフクシマで何が起こっても、これ以上レベルが上がってしまう心配はもうないわけだ。(笑)

 

それにしても、石原慎太郎をはじめ多数の原発推進派首長や県議が当選した後になって発表とは、実にいいタイミングだ。もちろんわざとだろうが。

原発事故の予防や事故後の危機管理にはまったく無能なくせに、こういう利権維持にだけは巧みなクズどもしかこの国の中核にはいないらしい。