読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

NHKの悪質な印象操作

 

はなゆーさん経由でNHK魚拓)。

 

世論調査 “原発縮小”半数近くに
6月14日 6時19分

 

NHKの世論調査で、国内の原子力発電所を今後どうすべきだと思うか尋ねたところ、「減らすべきだ」と答えた人が、先月に比べて4ポイント増えて47%となり、東京電力福島第一原発の事故から3か月がたって、原発の縮小を求める人が半数近くに上っていることが分かりました。

 

NHKは、今月10日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行い、調査対象の66%に当たる1108人から回答を得ました。

さらに、電力全体の3割を供給してきた国内の原子力発電所について、今後どうすべきだと思うか尋ねたところ、▽「増やすべきだ」が1%、▽「現状を維持すべきだ」が27%だったのに対し、▽「減らすべきだ」が47%、▽「すべて廃止すべきだ」が18%で、「減らすべきだ」と答えた人は、先月に比べて4ポイント増えて半数近くに上りました。

 

いやぁ、これはひどい…。

「減らすべきだ」が47%、「すべて廃止すべきだ」が18%なんだから、原発縮小・廃止”が65%というのが報道すべき結果だろう。

「“原発縮小”半数近くに」では、まるで縮小・廃止合わせても半数未満みたいではないか。

 

悪質な印象操作である。

 

 

画面上でも「減らすべき」だけをわざわざ拡大している。

 

しかも、「電力全体の3割を供給してきた国内の原子力発電所について」と、回答を「現状維持」に誘導するためのバイアスまでかけている。(怒)

 

きっと、テレビをぼんやりながめているだけのボンクラなど簡単に騙せると思っているのだろう。