読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

改めて菅降ろしに反対

 

孫崎享氏のツイッターから。

 

magosaki_ukeru 孫崎 享

原発菅首相の後は原発維持に回帰だろう。事故から何も学べない政治家、世論無視出来るという政治家。10日BLOGOS(文藝春秋9月号野田大臣の構想)「「政府には電力を安定的に供給する体制を作る責任がある。当面は原発再稼動に向け努力が最善の策」「短兵急に原発輸出を止めるべきでない」

magosaki_ukeru 孫崎 享

ポスト菅:私は菅首相の支持者でない。しかし、一度冷静に考えたらいい.ポスト菅に如何なる政策がくるか。原発回帰、TPP推進、増税、どれもこれも重要課題。どれもこれも国民の願いと反対方向に行く。鳩山氏の時と同じだ。政策論に何ら注目することなく、個人攻撃。菅首相辞任表明後あるべき政策へ

 

孫崎氏の言うとおり、いま菅直人首相を辞めさせるのは最悪の選択としか言いようがない。

後継首相候補とか言われている連中が言ってきたこと、やってきたことを見れば、それは自明だろう。

 

首相が管でなかったら、「脱原発」に向けての意思表示ができたか?

浜岡原発を止められたか?

エネルギー基本計画の見直しやもんじゅ廃炉に言及できたか?

そもそも、最悪の危機に直面していた事故直後の段階で、東電を怒鳴りつけて現場からの撤退を止めさせることができたのか?

 

管の人格だの人間性だの、そんなことはどうでもいい。

人気取りだろうが何だろうが、それで何が悪いのか?

政治家は道具。やるべき政策の実現に役に立つかどうかだけが重要なのだ。

 

政治家に頼り、この立派な人物なら何とかしてくれるだろうなどと依存していたら、国民のほうが政治家に道具として使われる結果になるだけだ。