読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

白髪三千丈 VS 一百七十九万年

唐代の詩人、李白の五言絶句『秋浦曲』の中に、「白髪三千丈」という著名な一節がある。

嫌中排外主義の皆さんはこれを、「中国人はものごとを誇張する」「嘘つきである」ことの証拠のように言い立てる(例えば これ とか これ とか これ)が、実際の詩を読んでみればわかるように、これは憂いの深さを伝えるための見事な詩的表現なのだ。オレの髪の毛の長さは三千丈だなどと主張しているわけではない。

漢詩と中国文化

李白の五言絶句(秋浦曲其十五「白髪三千丈」):壺齋散人注


  白髪三千丈  白髪三千丈

  縁愁似個長  愁に縁って個(かく)の似(ごと)く長し

  不知明鏡里  知らず明鏡の里(うち)

  何處得秋霜  何れの處にか秋霜を得たる

 

白髪の長さは三千丈、憂いのためにこんなにも長くなったのだ、明るく清んだ水面にうつる、この真っ白な秋の霜はいったいどこから降ってきたのか

 

李白の詩の中でももっとも有名なもののひとつ、誇大表現の鑑のようにいわれてきたが、李白の老いの嘆きがよく伝わってくる

 

ところで、日本書紀の中に、次のような一節がある。神武紀の冒頭だ。

神日本磐余彦天皇(かむやまといわれびこのすめらみこと)  神武天皇

 

 神日本磐余彦天皇、諱(ただのいみな)は彦火火出見(ひこほほでみ)。彦波瀲武鵜萱草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと)の第四子なり。…年四十五歳に及(いた)りて諸の兄及び子等に謂(かた)りて曰はく、「昔我が天神(あまつかみ)、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)・大日霊尊(おほひるめのみこと)、此の豊葦原瑞穂国(とよあしはらみつほのくに)を挙げて、我が天祖(あまつみおや)彦火瓊々杵尊(ひこほのににぎのみこと)に授けたまへり。是に、彦火瓊々杵尊、 天関(あまのいはくら)を開(ひきひら)き雲路を披(おしわ)け、仙蹕驅(みさきはらひお)ひて戻止(いた)ります。…皇祖皇考(みおや)、乃神乃聖(かみひじり)にして、慶(よろこび)を積み暉(ひかり)を重ねて、多(さは)に年所(とし)を歴たり。天祖(あまつみおや)の降跡(あまくだ)りましてより以逮(このかた)、今に一百七十九万二千四百七十余歳。而(しか)るを、遼遡(とほくはるか)なる地(くに)、猶未(なほいまだ)王沢(みうつくしび)に霑(うるほ)はず。…」とのたまふ。

 

天孫降臨から神武が東征を決意するまでの間が、179万2470年余りだ、というのだ。

ひゃくななじゅうきゅうまんねん?

天降ってきたニニギは、現生人類ではなくホモ・ハビリスだったのだろうか?

しかもこれは詩や小説の一節ではない。大和朝廷が総力を傾けて編纂した正史『日本書紀』内の記述なのである。その上、初代天皇である神武その人の発言として語らせているのだ。

ちなみに、日本書紀が完成したのは720年、李白の没年が762年とされているから、時期的にもだいたい同じ頃の話。

 

詩の中の表現を理由に他国民を嘘つき呼ばわりする人たちは、自国の史書に明記されたこの最大級の誇大表現を、いったいどう言い訳するつもりなのだろうか。


※本記事中に引用した日本書紀の読み下し文は、坂本太郎家永三郎井上光貞大野晋校注 『日本書紀(一)』(岩波文庫 1994年)による。

 

李白詩選 (岩波文庫)

李白詩選 (岩波文庫)

日本書紀〈1〉 (岩波文庫)

日本書紀〈1〉 (岩波文庫)