読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

ディストピアはもう目の前

経済

 

東京新聞「本音のコラム」に、経済学者の竹田茂夫氏が週一回書いている内容が面白い。

6月13日の回では、「ディストピア」と題して、安倍政権の「第三の矢」こと成長戦略を取り上げている。

 

竹田氏の言うとおり、テレビに出てくるような「エコノミスト」は決まって、この成長戦略が小粒で小出しだからダメなのだ、もっと大胆にやれ、と言う。

では、彼らの主張するような政策がすべて実行されたらどうなるか、という話。

 

 彼らの提案がすべて実現して、掛け値なしに日本が「世界で一番企業が活動しやすい国」になったと想定してみよう。何が起きるか。

 まず、限定正社員や解雇の金銭解決、米国流の解雇自由の制度化で、失業率が跳ね上がる。中高年の解雇で、女性や若者の非正規雇用が増えるかもしれないが、今度は彼らが不安定就労に悩まされる。自殺が急増し、社会不安が醸成される。

 極端な格差が広がり、世界に冠たる平均寿命もみるみる短くなる。移民の労働力もはじめは便利でも、高齢化すれば社会保障の負担になる。

 農業と医療で営利企業が自由にふるまえば、自然環境は虫食い状態になり、大量の医療難民が現れる。企業減税で国内の雇用確保を狙っても、海外進出をくい止められない。大多数の国民にとっては、第三の矢の成功はディストピア(暗黒郷)だ。

 

ディストピアを招き寄せる政策ばかりを推し進める政府、それを「もっとやれ」と煽るマスコミと「専門家」たち。自分の頭で何も考えようとせず、他人任せの国民。

このままでは、ディストピアの到来はもう目の前だ。