読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

野党は「絶望がもたらす希望」の受け皿を提供しなければならない

 

今日の東京新聞に載っていた浜矩子氏の論考[1]が必読の内容なのでメモ。

 アメリカの大統領選に向けて、民主・共和両党の候補者選びが佳境に入りつつある。

 泡沫、本命を追い詰める。両陣営とも、足並みをそろえてこの展開になっている。

(略)

 この構図をどう読むか。主流派に対するアメリカ人たちの拒絶反応。ここまでは、いたってスンナリ話が進む。問題はこの先だ。

 ややこしいことに、どうも、民主党側でサンダース氏を支持している人々と、共和党側でトランプ人気を盛り上げている人々が、かなり似通っているらしい。いずれの候補も、弱者たちの人気を博しているようなのである。(略)

 謎を解くキーワードは、どうも、「絶望」ではないかと思う。「絶望がもたらす希望」と「絶望がもたらす幻想」が人々を二分している。これが今のアメリカなのではないか。絶望がもたらす希望が、サンダース氏に託されている。絶望がもたらす幻想が、人々をトランプ氏に引き寄せている。

 1%の金持ちどものおかげで、我々は99%の貧困層と化すことを強いられている。この絶望的な怒りが、サンダース氏の格差解消のメッセージの中に、希望の灯を見いだした。自分の将来について、絶望せざるを得ない若者たちが、サンダース氏が掲げる分配と優しさの経済学に希望を委ねる。

 対するトランプ氏は、成長と強さの経済学を押し出している。このイメージが、絶望がもたらす幻想の苗床となる

 アメリカをもう一度最強にする。アメリカン・ドリーム再び。この威勢のいい掛け声が、人々を甘い香りの幻想へと誘う。(略)

 こう考えて来たところで、日本で安倍政権の支持率がさほど落ちない理由も、見えてきたような気がする。安倍総理大臣はいう。「強い日本を取り戻す」。トランプ氏はいう。「再びアメリカを最強にする」。全く同じだ。(略)

 絶望がもたらす希望と、絶望がもたらす幻想の、どちらに軍配が上がるのか。それが問われる。これが今のアメリカの政治状況だ。そして、日本の政治状況でもある。ただ、日本の場合、絶望がもたらす希望の明確な受け皿がみえない。野党共闘の主導者たちに、ここを熟慮してもらいたい。

 

次の参院選に向けて、改憲や戦争法、原発再稼働への反対も重要ではあるが、それだけでは野党は勝てない。アベノミクスの失敗をいくら訴えても勝てない。希望が見えなければ人は動かないからだ。

最低賃金を引き上げ、非正規雇用の正規化を進めて富の労働分配率を上げ、消費税率を下げて低所得者層の負担を軽減すれば、需要不足から消費不況に陥っている国内経済は確実に回復する。税収確保には法人税と所得税の税率を適正化し、金融所得の分離課税をやめればよい。1980年頃の税制に戻せばいいだけだから簡単なことだ。いま野党に最も必要なのは、こうした希望の見えるポジティブな経済政策を、サンダースのように信念を持って訴え続けることだ。

 

[1] 浜矩子 『時代を読む 希望か幻想か、米国の選択』 東京新聞 2016.2.28

 

さらばアホノミクス 危機の真相

さらばアホノミクス 危機の真相

 
民主主義をあきらめない (岩波ブックレット)

民主主義をあきらめない (岩波ブックレット)

 
平成経済20年史 (幻冬舎新書 こ 9-1)

平成経済20年史 (幻冬舎新書 こ 9-1)