読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

最低最悪の麻生太郎「武装難民射殺」暴言

■ 難民の保護策より先に「武装難民」対策を考える異常

まずは麻生の発言内容を確認する。これがこの国の現副総理(元首相でもある)の発言だというのだから、あまりにも酷く、情けない。

読売新聞(9/23)

 麻生副総理兼財務相は23日、宇都宮市内のホテルで講演し、朝鮮半島有事で難民が日本に押し寄せた場合の対応について、「武装難民かもしれない。警察で対応できるか、自衛隊の防衛出動か、射殺ですか。真剣に考えた方がいい」と述べた

 難民が武装していた場合に国民の安全を確保する重要性を強調した発言だが、防衛出動や「難民の射殺」に言及したことは不適切だと指摘を受ける可能性もある。防衛出動は、自衛隊法により、日本が外国から武力攻撃を受けるか、武力攻撃の明白な危険が切迫している「武力攻撃事態」などの場合に認められており、難民に対する発動は想定していない。

朝日新聞(9/24)

 麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った

 麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。さらに「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで「防衛出動」に言及した。(略)

共同通信(9/24)

 麻生太郎副総理兼財務相は23日、宇都宮市で講演し、北朝鮮で有事が発生すれば日本に武装難民が押し寄せる可能性に言及し「警察で対応できるか。自衛隊、防衛出動か。じゃあ射殺か。真剣に考えた方がいい」と問題提起した

 北朝鮮有事について「今の時代、結構やばくなった時のことを考えておかないと」と指摘。「難民が船に乗って新潟、山形、青森の方には間違いなく漂着する。不法入国で10万人単位。どこに収容するのか」と強調した。その上で「対応を考えるのは政治の仕事だ。遠い話ではない」と述べた。

各社の報道から共通して読み取れるのは、麻生が、北朝鮮から難民が来る場合、それは「武装難民かも知れない」とし、だから自衛隊を防衛出動させて射殺することも選択肢として考えるべき、と主張していることだ。

迫害を逃れ、あるいは崩壊した祖国から生き延びるために保護を求めてやってくる難民に対して、どうすれば効果的に助けることができるかと考えるのではなく、まず武器を持った敵ではないかと疑い、場合によっては射殺もあり得るという。

難民条約加入国の対応としてあり得ないとかいう以前に、およそ文明国の政治家として許される発言ではない。麻生は即刻罷免されるべきだし、閣僚はもちろん議員も辞職すべきだ。このような馬鹿者を政治に関わらせてはならない。

■ 難民が武器を持っていたら捨てさせればいいだけ

一般論として、難民が武器を携帯している可能性はある。いつ襲撃されるかもしれない環境の中を逃げてくるのだから、できれば護身用の武器を持ちたいと考えるのは当然とも言える。しかし、難民が武器を所持していたなら、保護する時点で放棄させればいいだけの話だ。通常の難民受け入れプロセスの一環として処理できる問題である。

万一彼らがその武器を使って攻撃してくる場合でも(そんなことをしてくる段階で既に「難民」ではないが)警職法の範囲内で対処することが可能だ。[1]

(略)日本政府の各機関は警職法(警察官職務執行法)の範囲で武器使用が可能である。さらにその実施についてもROE(Rules of Engagement:交戦規定)を定めることで混乱なく実施できる仕組みが揃っているからだ。

なによりも承知しなければならない点は、武器携行そのものは違法ではないという点だ。そして、携行しての脱出も大した問題とはならない。仮に難民が武器を持っていても日本領域内への侵入あるいは上陸時に放棄させればよいからだ。

(略)仮に難民が武器を使用しても対処可能となる。何もできないということはない。相手が鉄砲で射撃をしてきた場合、正当防衛および緊急避難の範囲でこちらも射撃が可能となる。また、相手が凶悪な犯罪を犯したと考えられる難民(例えば、漁船に対する海賊行為といったものだろう)が抵抗、逃走を試みようとした場合、やはり射撃可能となるからだ。

現に海保や海自はこの警職法で海賊対処をしている。アデン湾海賊対策での武器使用はこの警職法に依拠したものだ。

■ 北朝鮮からの難民はほとんど日本には来ない

仮に北朝鮮が米国との戦争により崩壊状態となった場合、難民はどこを目指して逃げるだろうか。

第一の目的地は、もちろん同胞の国である韓国だろう。次は、中朝国境地帯に多くの朝鮮系住民が暮らしている中国だ。現実的には、38度線に近い南半部の住民は韓国、北側の住民は中国を目指すと予想される。

そもそも日本は北朝鮮とは国境を接していない。わざわざ日本海の荒波を越えて異国である日本に逃げてくることは物理的にも困難だし、そうする理由もない。麻生が言うような、十万単位の難民が押し寄せてくることなど、実際にはほぼあり得ない妄想だ。

■ 日本を目指して逃げてくるのは「帰国者」たち

しかし、日本を目指して逃げてくる難民がいないわけではない。それは恐らく、1959年から始まった「帰還事業」で北に渡った人々とその子孫たちだろう。

今の状態からはほとんど考えられないが、当時は軍事独裁政権下の韓国より北朝鮮のほうがむしろ豊かだった。そして、敵対する韓国に対して経済的・人道主義的優位性をアピールしたい北朝鮮と、厳しい差別により困窮する大量の朝鮮人を厄介払いしたい日本政府の思惑が一致したことから、この一大事業が始められた。

朝鮮総連だけでなく一般のマスコミも右から左まで北朝鮮は「地上の楽園」だと宣伝し、その宣伝を信じた約9万人の在日朝鮮人とその日本人配偶者、子どもたちが北朝鮮に「帰国」した。日本に在住する朝鮮人ほぼすべての出身地は北朝鮮ではなく韓国の領域内だったにもかかわらずだ。

しかし、宣伝とは異なり、「帰国」した人々が直面した北朝鮮の現実は極めて過酷なものだった。北朝鮮という国自体の貧しさに加え、彼らは資本主義思想に染まった者として成分(社会的身分)で最低の位置に置かれ、日本に残った親族から送られてくる物資に頼ってかろうじて命をつなぐ生活を強いられた。

実際、既に脱北に成功した元「帰国者」とその家族が、200人ほど日本に戻ってきている[2]。

北朝鮮崩壊となれば、彼らの多くが難民となって日本を目指してくるだろう。麻生太郎は、かつて日本が北朝鮮に棄民した在日やその子孫たちを、「武装難民」かもしれないとし、射殺してもよいと示唆しているのだ。

■ ネトウヨは自分が難民になることを心配しろ

麻生太郎のこの最悪の暴言を、産経などの右派メディアやネトウヨは必死に擁護している。

産経新聞(9/24)

 麻生太郎副総理兼財務相が23日に宇都宮市の講演で、北朝鮮有事に関して「警察で対応できるか。自衛隊、防衛出動か。じゃあ射殺か。真剣に考えた方がいい」と発言したことについて、24日、左派系団体を中心にツイッターで麻生氏を非難する声が相次いだ。
(略)
 コラムニストの小田嶋隆氏は「これまでの何度かの失言とはレベルが違う。軽率さだとか、サービス過剰の結果だとか、考えの浅さだとか、見通しの甘さだとか、反省の軽さだとか、そういう問題ではない。根本的にあり得ない。全方向的にまったく弁護の余地がない。まるで救いがない」と投稿した。
(略)
 麻生氏を批判する人のツイッターには「どー聞いても、治安維持に見識のある政治家の発言としか思えんが? これのどこがヘイトと関係するのかもさっぱりわからん」「最悪の事態を想定している麻生さんがおおむね正しいわけですな」「武装難民のことですよ。テロリストを放置することが客観的に正しいとお考えですか」「あくまで最悪までちゃんと考えなければいけない旨を伝えたに過ぎないと思うのですが」などというリプライがあった。(WEB編集チーム)

彼らは、自分たちこそ冷静に「最悪の事態」を想定できているなどと思っているのだろうが、笑うしかないお花畑ぶりである。

本当に北朝鮮が崩壊するとしたら、それはどのような事態か。彼らの望みどおりアメリカ(日本も?)と北朝鮮との全面戦争になり、破滅の淵に立たされた金正恩政権が一人でも多くの敵を道連れにしようとありったけの核を使ってくるのが本当の「最悪の事態」だろう。そのとき、日本の核施設を狙わないという保証がどこにあるのか。

たとえば稼働中の原発に核ミサイルが撃ち込まれたらどうなるか。圧力容器内の核燃料はもちろん、敷地内の燃料プールに保管されているものも含め、すべての放射性物質が一気にばら撒かれることになる。その総量は核弾頭に搭載できる量などとは比較にならない。

国土の大半が重度に汚染され、急性障害での死を免れても、日本人は難民として流出するしかなくなるだろう。

ネトウヨは、北朝鮮からの「武装難民」の心配などする前に、漁船やゴムボートにすし詰めになって流れ着いた外国で自分たち自身が「武装難民」と見なされ、射殺されることの心配でもしたらどうか。

[1] 文谷数重 『非常識な麻生氏武装難民射殺発言』 BLOGOS 2017/9/25
[2] 石丸次郎 『日本に暮らす脱北者200人、身元明かせず孤独募らせる』 Yahoo!ニュース 2015/12/14

【関連記事】

 

鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族

鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族

 
在日外国人 第三版――法の壁,心の溝 (岩波新書)

在日外国人 第三版――法の壁,心の溝 (岩波新書)