読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

津田梅子の朝鮮人差別を「事実を指摘しただけだから差別じゃない」と言う人々

■ 津田梅子の父親が語った「事実」

こちらの記事で、新五千円札の顔になる予定の津田梅子(津田塾大学創設者)が、父親から聞いた話を鵜呑みにして朝鮮人への差別意識にまみれた手紙を書いていたことを指摘した。

1883年に書かれた問題の手紙の内容は以下のようなものだ。[1]

 父が帰ってきました。二、三日前に、思ったより早く着いたのです。朝鮮についてとても興味深くおもしろい話をしてくれました。いくつかの点では、動物の方がこのような汚い朝鮮人よりましだと思いますし、あるところには本当に野蛮な人びとがいるのです。彼らの衣服や食料はとてもよいのですが、粗末に不潔につくられているのです。家は掘っ立て小屋のようだし、妻たちは完全に奴隷か囚人のようです。(略)彼らの習慣は下劣で、何もかもが汚くそして粗野なのです。……父が私に朝鮮について多くのことを話してくれました。あなたの記事のために、聞いたことを書いてまとめたいと思います。きっと、とても関心をもたれると思いますので、書いたら送ります。ある意味で、世界で最悪の国のように思われます。(略)

この記事を公開すると、津田梅子が書いていることは「事実だから問題ない、差別じゃない」という趣旨のコメントが続々とやってきた。

差別ではなく事実を述べているだけ。
当時の欧米列強による白人至上主義や植民地が当たり前の時代に書かれた手紙の一部を現代人が差別だと騒ぎ立てるのは筋違い。李氏朝鮮時代の歴史をみれば、こういった表現になるのは仕方ない。

津田梅子の生年は元治元年1864年です!
明治中頃の朝鮮半島がどれだけ未開で不潔な、、、文化状態であったかご存知ですか?
彼女の言説は、単なる風聞のコピーではありません。
その後1910年統治を開始した頃に書かれた調査書にも、また外国人によって半島について書かれた書物にも、そのことは明記されています。不潔なこと、極端な女性差別など、当然の事実です
津田女史の差別でもなんでもありません
国会図書館にある書物、いま書名が出ないですが、ネットアクセスしていただきたいです。

この記事は逆差別的な考え方をしていると思う 津田梅子は差別しようと思って言ってるわけじゃなく、単にそういう国があるって聞いたと書いてるだけに思える 父から聞いたことが本当なら、朝鮮は酷い国って誰でも書くと思うしね
この頃は今みたいに、朝鮮に対する悪い先入観自体がなかったんでは? あれば今みたいに差別だとか言われるんだと思う

父親は自分の見た事実をただ書いてるだけじゃね?実際に当時の朝鮮は酷かったみたいだし
おなじように批判のコメントがたくさん来てるけどそれに対しての意見を書いた内容の記事待ってるネ(笑)

彼らの考えによれば、ある人々の暮らしが現実に不潔であったり悲惨なものであれば、それらの人々の属する国や民族をまるごと「動物の方がまし」「下劣」「野蛮人」「世界で最悪の国」などと罵倒しても問題はないし、それは差別ではないらしい。

「外国人によって半島について書かれた書物」といえば、代表作はイギリス人女性の旅行家イザベラ・バードによる『朝鮮紀行』だと思うが、ではその同じイザベラ・バードがちょうど同じ頃(1878年)に日本を旅したとき、日本の貧しい農村をどのように描写していたか[2]、見てみることにしよう。

■ 粗末な宿と粗野な現地人

 六時に大きな城下町である栃木に着きました。(略)栃木は粕壁よりさらにひどい町でした。わたしは日本国内の旅行をいっさいやめてしまおうかと思いました。(略)宿屋はとても大きく、先に六〇人の客が到着していて部屋の選びようがなく、わたしは四方が襖ではなく障子で仕切られた部屋で満足しなければなりませんでした。緑色のかび臭い蚊帳は格好の蚤の巣で、その下にはベッドと浴槽と椅子をかろうじて置けるだけの広さしかありません。(略)障子は穴だらけで、その穴のひとつずつからしょっちゅう人間の目がのぞきます。プライバシーは思い出すことすらご法度の贅沢品でした。障子の穴からたえず目がのぞいているうえ、宿の使用人はとても騒々しくて粗野で、なんの口実もなくしきりに部屋のなかを見にきます。(略)わたしはキャンベル氏の言ったとおりだ、女ひとりで日本を旅行などすべきではないと思いはじめました。(P.133-134)

もうひとつ、これよりずっと重要でないとはいえよく話に出たのが、現地人の使用人には道中で金銭のやりとりがあるたびに「中間搾取」する習慣があり、使用人の腕と能力次第で旅行費用が二倍、ときには三倍になることが多いという問題です。あちこち旅行した経験のある三人の紳士がわたしの払うべき値段表をくれましたが、地方によってものの値段も異なり、旅行客の多い地域では大幅に高くなっています。(P.83-84)

■ 不潔で苦難に満ちた山村生活

 六月二五日、五十里いかりにて ―― 藤原には四六戸の農家と宿屋が一軒ありますが、どれも暗くてじめじめして汚くて隙間風の入る住居で、母屋と作業小屋と厩うまやがいっしょになっています。(略)わたしは座って手紙を書きはじめましたが、すぐさま縁側に逃げ出さざるをえなくなりました。浜飛び虫が砂浜から現れるように、蚤の大群が畳から飛び出してきたのです。しかも縁側でも手紙の上に飛び上がってきます。二面あるけばだった土壁の隙間にはなにやら虫が這っているし、むきだしの垂木からは蜘蛛の巣がぶらさがっています。畳は汚れと年代で茶色くなっており、米はかび臭くて洗い方が足りず、卵は古くて、お茶もかびの臭いがします。
(略)幼い子供たちはひもに下げたお守り以外なにも身につけていません。人も衣服も家も害虫でいっぱいで、不潔ということばが自立して勤勉な人々に対しても遣われるなら、ここの人々は不潔です。夜になるとわたしの部屋では甲虫、蜘蛛、わらじ虫が、宴会を繰り広げます。それに同じ家屋に馬がいるので、馬が馬蝿を持ち込みます。わたしの携帯用寝台には防虫剤をまきましたが、毛布が少しでも床につくと、もう蚤にやられて眠れなくなります。とても長い夜でした。行灯が消えると、油の鼻をつく臭いがします。(略)(P.199-201)

(略)横川では茶屋に数えきれないほどいる蚤を避け、通りでほぼ住民全員に輪になって囲まれながらお昼を食べました。(略)人々はことばにならないほど汚くて不潔です。貧しいのにどうしてここまで「子だくさん」なの? ぞろぞろといる礼儀正しくておとなびた裸の子供たちを見ると、そう訊きたくなります。この子供たちも生まれながらにつらい労働を受け継ぎ、親と同じように害虫に食われ、税の重みに苦しむのです。(略)
(略)
 宿屋はとにかくひどいものでした。台所には大きな薪の燃えている溝があり、目と鼻のちくちくする煙が充満しています。わたしの部屋は傷んだ障子でこの台所と仕切ってあるだけで、煙から逃れられません。垂木は煤と湿気で黒く光っています。(略)
 食べられるものは黒い豆とゆでたきゅうりしかありませんでした。部屋は案の定、暗くて汚く、みすぼらしくて騒々しく、下水の臭いがします。田植えが終わると二日間の休みがあり、稲作農家の守り神である稲荷に多くの捧げ物がなされます。そして休みとなった人々は夜を徹して浮かれ騒ぎ、大太鼓や小太鼓をたえず打ち鳴らすので、とても眠れるものではありません。
 (略)押し合いへし合いしている人々のうち、父親や母親は皮膚病にかかったり、頭にやけどをしたり、白癬を持っていたりする裸の子供を抱いており、娘たちはほとんど目の見えない母親の手を引いています。ひどい傷を見せている男性もいれば、眼炎でふさがりかけた目に蝿をたからせている子供もいます。具合の悪い者も健康な者も、全員が実に「劣悪な衣服」を身につけており、嘆かわしいほど汚なく、害虫だらけで、病人は薬を求め、健康な者は病人を連れているか、無感動な好奇心を満足させようとしています。(略)
(略)
 ここの人々は下着をつけず、めったに洗わない服はぼろぼろになるまで昼も夜も着通しです。(略)畳はまずまずきれいな表面の下に害虫が群れになって棲んでおり、またほこり、有機物などなどの受け皿となっています。髪は整髪油がついており、週に一度結い直しますが、このあたりではそれより回数が少なく、その結果がどれほど嘆かわしいものであるか、細かく記す必要はないでしょう。(略)人々、とくに子供の体は害虫がたかっており、皮膚病の原因のひとつがこの害虫による炎症です。(略)飲み水を汲む井戸は家々の密集したまんなかにあり、汚染されているのは確実でしょう。屋内の非衛生的な構造がじかに影響しているとも考えられますし、あるいは腐敗進行中の有機物が詰まっている外の溝から土に浸透しているとも考えられます。(略)
(略)既婚婦人は若いころなどなかったように見え、肌はまさになめし革のようです。川島でカラシマ氏が五〇歳くらいに見える宿のあるじの妻においくつですかと(日本では礼儀にかなった質問)尋ねると、二二歳だという答えが返ってきました。このように驚かされたことはほかにいくつもあります。(略)(P.210-216)

 この地方の村々はホザワ[宝坂?]と栄山で不潔さの極みに達したにちがいないとわたしには思えます。鶏、犬、馬、人間が薪をたいた煙で黒くなった粗末な平屋にいっしょくたに暮らしており、山になった家畜の糞尿が井戸に流れ込んでいます。幼い男の子で着物を着ているのはひとりもいません。ふんどし以外になにか身につけている男性はわずかで、女性は上半身裸のうえ、着ているものはとても汚く、ただただ習慣で着ているにすぎません。おとなたちは体じゅう虫にかまれた跡が炎症を起こしており、子供たちは皮膚病にかかっています。家屋は汚く、正座したりうつ伏せに寝ているときの人々は未開人とたいして変わらなく見えます。風体と慎みに欠ける習慣にはぞっとするばかりですが、後者に関しては、これまでわたしが交わった何カ国かの未開の人々と大いに不利な対比を成しています。(略)彼らは丁重で、親切で、勤勉で、大悪事とは無縁です。とはいえわたしが日本人と交わした会話や見たことから判断すると、基本的な道徳観念はとても低く、暮らしぶりは誠実でも純粋でもないのです。 (P.236-237)

■ 奴隷同然の「嫁」

(略)家によっては租父母、父母、長男夫婦とその子供、それにひとりふたりの姉妹とその夫に子供と四家族住んでいることもあります。長男は家屋と土地を受け継ぎ、ほぼ必ず妻を自分の父親の家に連れてきます。妻は多くの場合義理の母親にとって奴隷同然の存在となります。厳格なしきたりにより、嫁は自分の血縁を文字どおり捨て、「子としての義務」は夫の母親に対するものへと移行します。夫の母親は往々にして嫁を嫌い、息子夫婦に子供ができないと、息子に妻を離縁するようそそのかします。わたしの泊まった宿の妻女も嫁と離婚するよう息子を説き伏せました。そしてその理由は嫁が怠け者だからという程度のものなのです。(P.305-306)

■ 「ぞっとするほどひどい」日本食

 「食料問題」はどの旅行者にとってもいちばん肝心な問題だということで、わたしの旅行のみならず、なにかにつけ驚くほどの熱意をこめて意見がかわされます。(略)外国の公使も教授も宣教師も商人も、だれもが死活問題であるかのように真剣に論じます。そして多くの人にとっては本当に生死にかかわる問題であるようです。(略)また米、お茶、卵を常食とし、ときおり新鮮ではあっても味のない野菜をそれに加えることができないかぎり、食料を携行しなければなりません。魚と野菜を使った「日本食」はぞっとするほどひどいもので、食べられる人は少なく、それも長いあいだ練習を積んだすえのことなのです。(P.83)

 野菜の種類は無限にあるが、大きな例外ひとつをのぞき、あとはきわめて無味である。(略)最後まで残しておいたのはすぐれた野菜、かの名高い大根であるが、これには旅行者も居留者も外国人はみんな悩まされる。(略)大根は下層階級によってどこででも栽培されて使われており、味のしない食べ物にこれで風味をあたえる。(略)これを軽く干してから米ぬかとともに塩水に漬ける。大根は多孔質で、寝かせてある三カ月のあいだに大量の漬け汁を吸収し、その結果、それを食べているときは同じ家のなかにいるのも困難なほどの悪臭を放つようになる。わたしの知る悪臭のなかで、これよりひどいのはスカンクくらいのものである!
(略)
 スープのうち中流階級の飲む主なものは味噌汁、卵汁、澄まし汁である。澄まし汁には水に塩を加えたものと醤油を加えたものの二種類ある。下層階級ではいろいろな種類があるが、その多くは汚れた水に塩をひとつまみ加えたような味がして、さいころに切った豆腐、干魚、生いかなどが入っている。あるスープは黒い液体のなかに革のような舌触りの干した巻き貝が入っており、大半のスープは聖書に記される「忌まわしいものの煮出し汁」という文句がぴったりである。卵汁はふつう外国人の口にもどうにか合う。(略)
(略)
 すべてを網羅したとはとうてい言えないこの拙文から、「裕福な」日本人の料理がみすぼらしいどころかその反対であることがおわかりになろうが、それでも日本人のごちそうには外国人には合わないところがあり、どのイギリス人も長い体験を経てはじめて、情けない顔をせずに日本食を飲み込めるようになる。貧しい階層の食事は粗末で栄養に乏しく、味も見かけもひどい。また食事をおいしくするためにとるソースや漬物の量は消化器官にとても有害である。(略)(P.289-298)

■「事実」の記載と差別の違い

以上、世界中を旅した高名な旅行家による客観的な記述を読めば、津田梅子記事に前記のようなコメントを寄せた人々は、当然当時の日本と日本人も「動物の方がまし」「下劣」「野蛮人」「世界で最悪の国」などと罵倒されて当然だし、それは事実を述べただけで差別ではないと認めるはずだ。いや、認めないなどとは言わせない。

一応種明かしをしておくと、朝鮮にせよ日本にせよ、不潔で粗野な生活は何より貧困と教育の欠如によるものだし、大根(沢庵漬け)の話などを見れば、食に対する評価には文化の違いによるバイアスが大きく影響していることが分かるだろう。

そうした表面的な「事実」を、相手の人種や民族といった生来の属性に結びつけて蔑視することを差別と言うのだ。

こんな当たり前のことが、ウヨい人たちには分からないのである。

[1] 高橋裕子 『津田梅子の社会史』 玉川大学出版部 2002年 P.188-189
[2] 『イザベラ・バードの日本紀行(上)』 講談社学術文庫 2008年

【関連記事】

 

イザベラ・バードの日本紀行 (上) (講談社学術文庫 1871)

イザベラ・バードの日本紀行 (上) (講談社学術文庫 1871)

 
朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫)

朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫)