読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

京都アニメーションの悲劇をヘイトに利用する人々

はじめに、このたびの放火殺傷事件で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方たちの一日も早い回復と、ご家族・ご友人の心痛が癒やされることを願います。

           ※           ※

しかし、世界中からこの悲劇への哀悼の意と支援が寄せられる中、当の日本国内では、さっそくこの事件を利用しようとする者たちがうごめいている。

■ 犯人を「在日認定」してヘイトに利用しようとする人々

関東大震災時、流言飛語に踊らされて、というより自ら喜び勇んで朝鮮人を殺しまくった自警団のメンタリティから一歩も進歩していない。

こういう人たちは、犯人についての情報が何もないうちから在日説を垂れ流し、名前が出てくれば「あれは通名でやっぱり在日だ」と強弁し、日本人であることが明白になると、今度は「ガイジ」だの「ナマポ」だのと言い出す。

つまり、凶悪犯罪を、自分には当てはまらない何らかの属性のせいにして差別感情を満足させたいだけなのだ。恥ずべき差別主義者の人でなしである。

■ 嫌韓扇動に利用しようとする人々

韓国との対決姿勢を演出して支持率を稼ごうとする安倍政権に媚びてか、この事件を嫌韓扇動に利用しようとする者たちもいる。

事実はこうなのだが。

このキョージュに限らず、彼らにとってはそれが事実かどうかなどどうでもよく、憎悪を扇動するネタにさえできればいいのだろう。

■ 野党叩きの選挙運動に利用しようとする人々

これはヘイトとは毛色の違う話だが、この悲劇を今回の参院選での野党叩きに利用しようとする者たちまでいるらしい。

なんというか、そのさもしい根性には嫌悪感を通り越して情けなさしか感じられない。

こうした醜態を内外に晒し続けた結果は、まあこういうことである。

韓国だけでなく、いまや世界中からそういう目で見られていることを、「普通の日本人」たちはいつになったら認識できるのだろうか。

【関連記事】

 

映画 けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)

映画 けいおん! (Blu-ray 初回限定版)

 
劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ [Blu-ray]

劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ [Blu-ray]

 
らき☆すた ブルーレイ コンプリートBOX 【初回限定生産】 [Blu-ray]

らき☆すた ブルーレイ コンプリートBOX 【初回限定生産】 [Blu-ray]