読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

政治屋

パンとサーカス

ラグビーワールドカップ日本大会が始まって以来、ラグビー人気の急上昇っぷりがすさまじい。20日夜の日本対南アフリカ戦生中継の瞬間最高視聴率は49.1%、平均視聴率でも41.6%を記録したという。 ラグビーなんて、以前は年に一度の早慶戦が話題になる程度のマ…

安倍改憲(壊憲)案の既成事実化を目論む政治屋たち

■ 柴山昌彦(文部科学相、自民党) 柴山文科相は、自分らがゴリ押しで進めているデタラメな「大学入試改革」に反対して声を上げた学生を、警察を使って強制的に排除した。 それだけでも許し難い暴挙だが、たった一人で、それも肉声で抗議しただけの行為に対…

「表現の不自由展」公金支出問題は大村知事の主張が全面的に正しい

「あいちトリエンナーレ2019」の件で、日本国憲法を理解していない極右政治屋連中が、このような「反日的」企画に公金を使うのはおかしい、みたいなことを言っている。 「あいちトリエンナーレ2019」における河村市長・菅官房長官の「表現の自由」侵害行為に…

京アニ支援への恣意的優遇は法の下の平等に反する

先月の京都アニメーション放火大量殺傷事件に関連して、安倍政権は被害者らへの支援金を税制上特別に優遇する措置を検討しているという。 www.sankei.com アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の放火殺人事件をめぐり、政府が被害者…

立憲主義も表現の自由もまったく理解していない政治屋たち

「あいちトリエンナーレ2019」内の企画展「表現の不自由展・その後」の騒動では、立憲主義や表現の自由をまったく理解していない政治屋たちのクズな言動が続出した。 ■ 河村たかし まずは河村たかし(名古屋市長)。 ハフィントンポスト(8/2): 河村市長は…

ただ座っているだけの少女像に踏みにじられる「日本人の心」とは?

■ 「表現の不自由展・その後」が右派の脅迫のせいで中止 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で開催されていた企画展「表現の不自由展・その後」が、右派の卑劣な攻撃に晒されたあげく、ついに展示中止に追い込まれた。 大村愛知県知事によれば、「撤去…

安倍がまたやるだろう7条解散は憲法違反

「外交の安倍」とやらが、ゴルフ、大相撲、炉端焼きと、ちぎれるほど尻尾を振りまくって接待したトランプからどのような外交成果を得たのか。当のトランプ本人が次のようにツイートしている。 Great progress being made in our Trade Negotiations with Jap…

「空母いぶき」で佐藤浩市の演じる総理が安倍なら、揶揄どころか美化だろうw

24日から公開の映画「空母いぶき」で首相役を演じている佐藤浩市の、ある発言が大炎上するという「事件」があった。 火元は阿比留瑠比(産経新聞記者)のFacebook投稿だという。 lite-ra.com きっかけは産経新聞の御用記者・阿比留瑠比がFacebookで5月10日夜…

「法の支配」の意味を知らなかった安倍晋三はどういうつもりでこの言葉を振り回していたのか?

小西ひろゆき参院議員(立憲民主党・民友会)が安倍に『「法の支配」の対義語は何か?』と質問し、安倍が答えられなかった一件が話題となっている。 国会中継小西議員「安倍総理はよく“法の支配”と仰るが、“法の支配”の対義語は?」安倍首相「まさに…え〜、…

女子中学生から教え諭される安倍64歳児政権

まずはこれ。菅官房長官会見での東京新聞・望月衣塑子記者への質問妨害を見ていられないと、一人の女子中学生が署名運動に立ち上がった。 以下のキャンペーンに賛同をお願いします!「キャンペーン再開!望月記者のほか特定の記者の質問を妨害したり制限しな…

吉田茂のふざけたジョーク

前回記事で取り上げた、敗戦直後、吉田茂がマッカーサーに「日本の統計が正確だったら、米国と戦争などしていない」と語ったという件、元ネタは吉田茂の孫である麻生太郎が著書に書いたものらしい。 東京新聞(2/19): 吉田元首相「統計正確なら戦争なかっ…

日本は統計が不正確だったから敗けたのではなく、現実を直視できなかったから敗けた

安倍政権の統計不正問題にからんで、敗戦後に吉田茂がマッカーサーに語ったという、あるエピソードが話題になっている。 日本経済新聞「春秋」(1/19): 終戦直後、吉田茂は「餓死者が大勢出る」と連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサーに訴え、米国から大…

桜田五輪相「がっかり」発言は切り取っても切り取らなくてもひどいが、ウヨやネオリベな人たちにはそれが分からない件

2月12日、競泳の池江璃花子選手が、白血病と診断されたことを自身のTwitterで公表した。 twitter.com ご本人やご家族がどれほど辛い思いをされているかは想像に余りある。治療に専念し、一日も早く健康を回復されることをお祈りする。ところで、これを聞い…

追悼・岡留安則氏。そして功も罪もあった『噂の真相』

■ ミスター『噂の真相』岡留安則氏死去 1月31日、元『噂の真相』編集長の岡留安則氏が亡くなった。71歳。肺がんだったという。 ご冥福をお祈りする。 www.asahi.com 岡留氏は単に元編集長というだけでなく、自ら『噂の真相』を創刊し、そして最後まで編集長…

安倍の「お買い物」がニュースになってしまう日本マスコミの末期症状

先日、安倍が、ただふらりとデパートに行って買い物をした、というだけのことが、ニュースとして流されていた。 www.sankei.com しかも、臣民メディア産経だけかと思ったら、時事も共同もである。 www.jiji.com this.kiji.is SPを従えてぶらぶら歩く安倍を何…

東大卒の市長を「人の税金で」と攻撃する麻生太郎は誰の金で学校に行ったのか

麻生太郎財務相がまたひどい暴言を吐いている。 産経新聞(11/18): 麻生太郎副総理兼財務相は17日、福岡市長選の応援のために訪れた同市内で街頭演説し、東大卒の北橋健治北九州市長を「人の税金を使って学校に行った」と批判した。(略) 北橋氏は元民…

幼稚園児内閣

安倍内閣の桜田義孝「サイバーセキュリティ」担当相が、パソコンを使ったことさえないという冗談みたいな話が世界中で嘲笑されている。 桜田大臣の醜態が英ガーディアン紙でも報じられている。「PCもUSBも知らない人間がセキュリティ担当」「確かに最強のセ…

あらためて、教育勅語はどこがダメか

■ 柴山文科相、就任会見でいきなりのトンデモ発言 安倍「全員壁際ライトの野球チーム」内閣で文科相に起用された柴山昌彦が、就任会見でいきなり教育勅語を持ち上げるトンデモ発言を行った。 朝日新聞デジタル(10/4): 教育勅語「使える分野は十分にある」…

故・翁長沖縄県知事を侮辱するデマの発生源は青山繁晴

米軍基地への姿勢が争点となる沖縄の選挙は(選挙のない期間も大差はないのだが)、常にデマとの戦いとなる。 故・翁長雄志知事の遺志を継いで、基地負担を軽減し、豊かで誇りある沖縄の実現を目指す候補者を選ぶか、口当たりの良い言葉を弄しながら、実際に…

朝鮮人虐殺犠牲者への追悼文を今年も「控える」と言う小池都知事の悪辣さ

小池百合子東京都知事は、昨年に引き続き、今年も関東大震災時の朝鮮人虐殺犠牲者に対する追悼文を送らない方針だという[1]。 東京都の小池百合子知事(略)は一日、知事就任から二年の節目となる二日を前に本紙の単独インタビューに応じた。毎年九月に都内…

【慰霊の日】崇高と下劣のコントラストがきつすぎて目が痛い

■ 衝撃的だった平和の詩の朗読 6月23日の慰霊の日、沖縄全戦没者追悼式で、浦添市の中学生相良倫子さん(14)が自作の平和の詩「生きる」を朗読した。 今年の追悼式の中でも、この場面はまさに衝撃的だったと言える。 内容の素晴らしさもさることながら、これ…

【慰霊の日】被害者と米軍の目から見た集団自決(強制集団死)

■ 今日は日本が沖縄を最終的に見捨てた日 今日、6月23日は、73年前、牛島第32軍司令官が自決して沖縄戦における日本軍の組織的抵抗が終わった日であり、そのため沖縄県は、この日をすべての沖縄戦戦没者の霊を慰める「慰霊の日」と定めている。 しかし、こ…

「抗議の自由」封殺条例に平気で賛成する都議たちの非常識

東京都議会に提出されている危険な迷惑防止条例「改正」案だが、22日の警察・消防委員会で、わずか1時間の審議だけで可決されてしまった。あとは29日の本会議での採決を残すだけである。 しかも、警察・消防委でこの条例案に反対したのは共産党だけという惨…

【緊急】東京都の迷惑防止条例改正案は「抗議の自由」を封殺する現代の治安警察法【危険】

このところ目立った動きが見えなかった小池百合子東京都知事だが、こっそりととんでもない条例案を出してきていた。 それも、3月19日(明日!)審議、22日採決、29日成立を目指すというのだから、まさに緊急事態と言っていい。 blog.livedoor.jp (拡散)森…

森友問題で値引き根拠とされた「ごみの深さ」が嘘だったことが証明された

■ ごみを試掘した業者が「事実と違うことを書かされた」と証言 今や毎日と言ってもいいくらい、安倍政権の嘘が次々とばれていく。今度は毎日新聞によるスクープである。 まず、値引きの根拠となった地中埋設ごみの量について、試掘を行った業者が、報告書に…

【緊急】死刑の政治利用を許すな!

森友問題で重ねてきた嘘が次々に暴かれ、安倍政権が窮地に追い込まれる中、オウム真理教関連事件での確定死刑囚7名が、収容先の東京拘置所から他のいくつかの施設に移送された。 東京新聞(3/15共同): 法務省は15日、オウム真理教による一連の事件で死刑…

橋本琴絵がヘイトを吐きまくっているネアンデルタール人が芸術作品(洞窟壁画)を描いていたことが判明

先月、こちらの記事↓で、希望の党幹事だという橋本琴絵なる人物が「ネアンデルタール人」を対象にヘイトを吐きまくっていることに注意を促した。 橋本には「極悪非道」「共感能力がない」「悪魔の種族」と罵倒されているネアンデルタール人だが、最近の研究…

三浦瑠麗を擁護し文在寅をディスる松本人志の不見識

フジテレビ「ワイドナショー」で、潜伏している北朝鮮工作員が金正恩政権崩壊時にテロを実行すると発言した三浦瑠麗を、同番組コメンテーターの松本人志が擁護している。 日刊スポーツ(2/12): 松本は同日夜、ツイッターを更新。三浦氏へのバッシングを受…

ネトウヨと極右新聞が捏造する現代の軍国美談

■ 大半がフェイクニュースだった「軍国美談」 大日本帝国が周辺諸国への侵略を繰り返していたあの忌まわしい時代には、犠牲を強いられる臣民(特に近い将来「忠良なる皇軍兵士」となるべき少年たち)を戦場に駆り立てる手段として数多くの「軍国美談」が作ら…

追悼、野中広務氏。しかし、やはり許せない思いが残る。

■ 生涯にわたって差別と闘い続けた野中氏 1月26日、内閣官房長官や自民党幹事長等を歴任した野中広務氏(92)が死去した。心からご冥福をお祈りする。 野中氏は、被差別部落出身者として初めて政権中枢にまで上り詰めた政治家だ。そこに至るまでには、壮絶な…