読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

祝・TOKYO MXテレビ『ニュース女子』放送打ち切り!しかしまだ終わりではない。

【広告】

取材もせずに沖縄・在日ヘイトを垂れ流していたフェイクニュース番組「ニュース女子」が、ついにTOKYO MXテレビで放送打ち切りとなった。

昨年1月2日放送の「沖縄基地問題特集」は、既にBPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会から、「重大な放送倫理違反があった」との決定を出されている[1]。

(略)当該番組はTOKYO MXが制作に関与していない“持ち込み番組”のため、放送責任のあるTOKYO MXが番組を適正に考査したかどうかを中心に審議した。
委員会は、(1)抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった、(2)「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった、(3)「日当」という表現の裏付けの確認をしなかった、(4)「基地の外の」とのスーパーを放置した、(5)侮蔑的表現のチェックを怠った、(6)完パケでの考査を行わなかった、の6点を挙げ、TOKYO MXの考査が適正に行われたとは言えないと指摘した。そして、複数の放送倫理上の問題が含まれた番組を、適正な考査を行うことなく放送した点において、TOKYO MXには重大な放送倫理違反があったと判断した。

この放送打ち切りは、MX社屋前でのスタンディングをはじめ、粘り強く抗議を続けてきた多くの人々が勝ち取った成果であり、この点は素直に喜びたい。


しかし、まだまだこの問題は終わりではない。TOKYO MXでの放送が打ち切られても「ニュース女子」の制作自体がなくなったわけではないし、地方での放送も続いている。またTOKYO MXはこの件について謝罪もしておらず、今後この手の悪質な番組を放送しないという保証もない。何より、問題番組は「ニュース女子」だけではない。


とはいえ、このようなメディアを使った暴力をやめさせることができたこと、闘いが無駄ではなかったことを示せたことは大きい。このうねりを、さらに大きなものにしていかなければならない。


[1] 「東京メトロポリタンテレビジョン『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見」 BPO 2017/12/14

【関連記事】

 

沖縄現代史 (岩波新書)

沖縄現代史 (岩波新書)

 
本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド