読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

【緊急】死刑の政治利用を許すな!

【広告】

森友問題で重ねてきた嘘が次々に暴かれ、安倍政権が窮地に追い込まれる中、オウム真理教関連事件での確定死刑囚7名が、収容先の東京拘置所から他のいくつかの施設に移送された。

東京新聞(3/15共同)

 法務省は15日、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した13人のうち7人を東京拘置所から他の施設に移送したと正式に発表した。「適切に処遇し、共犯分離を図るのが目的」と説明した。

法務省はこう言っているが、明らかに執行準備が目的だろう。

TBSニュース(3/14)

 死刑囚は東京拘置所に収容されていましたが、関係者によりますと、7人の死刑囚が移送されたということです。(略)死刑囚7人の移送先は、仙台拘置支所に1人、名古屋拘置所に2人、大阪拘置所に2人、広島拘置所に1人、福岡拘置所に1人で、いずれも死刑を執行する施設があります
 オウム真理教を巡っては、全ての刑事裁判が終結していて、死刑囚が分散して収容されたことは、死刑執行に向けた準備の一環とみられます。今後は、いつ死刑が執行されるのかが焦点となります。

来週中と言われている佐川元国税庁長官の証人喚問にタイミングを合わせるとも、あるいは地下鉄サリン事件が発生した日である3月20日に執行するとも言われている。もちろん、死刑執行のニュースがマスコミを席巻して公文書改ざん問題への注目が薄れるのを狙ってのことだろう。

私はそもそも死刑という刑罰自体に反対だが、死刑制度の是非をとりあえず置いておくとしても、人間の命を政治的目くらましや人気取りのために利用するような蛮行を許してはならない。

これでは、公開処刑を抑圧された大衆の不満をそらすためのガス抜きとして利用していた中世と何が違うのか。メディアはこのような見え透いた手に踊らされるのではなく、いまこのタイミングでオウム元幹部の死刑執行を行おうとする政権の狙いをこそ報道すべきだ。

【2018/3/17追記】
本記事のような指摘を「下衆の勘繰り」と見る向きもあるようだが、むしろ下衆の勘繰りで済んでくれれば望外の幸せと言える。

というより、そのような事態を現実化させないためにこそ、危機感を持って徹底的に疑い、警告の声を上げていくことが重要なのだ。


【関連記事】

 

死刑執行された冤罪・飯塚事件: 久間三千年さんの無罪を求める (GENJINブックレット)

死刑執行された冤罪・飯塚事件: 久間三千年さんの無罪を求める (GENJINブックレット)

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)