読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

残虐行為の記憶は最終的に人の心を壊す

【広告】

ツイッターで「ブースカちゃん」さんが、日中戦争に従軍した経験を持つ方に、「聞いてはいけない質問」をしてしまったという話を書かれていた。


「ナッシー翁」さんの所属部隊である歩兵第68連隊は、上海戦のあと南京攻略戦に参加し、民間人をも含む大量の「捕虜」を虐殺する結果となった南京城内の掃蕩にも参加している。1937年12月16日(南京陥落から3日後)の同連隊第3大隊陣中日誌には、「爾後じご捕虜兵は一応調査の上各隊に於て厳重処分すること」との記載がある[1][2]。厳重処分とは、つまり殺せということだ。

歩兵第68連隊はその後も敗戦まで中国各地を転戦しているので、この方が中国で何らかの残虐行為に参加した可能性は高いだろう。


戦後復員した元日本兵たちは、戦場での苦労話を語ることはあっても、自分が手を下した残虐行為については、家族にもほとんど語らなかった。

しかし、いくら沈黙し、忘れようとしても、戦争だったから、命令には逆らえなかったからと自分自身に言い訳をしても、残虐行為の記憶は確実に心を蝕んでいく[3]。

保坂 (略)僕は医学システムの評論やレポートなんかも書くから医者からよく相談されるんですけど、八十代で死にそうなおじいさんがいるというんですよ。

京極 ほう。

保坂 四十代の医者が僕のところにきて、もう動けないはずの患者が、突如立ち上がって廊下を走り出すというんですよ。そして、訳わかんないことを言って、土下座してしきりにあやまるというんです。そういう人たちには共通のものがある。僕はこう言うんです。「どの部隊がどこにいって戦ったかというのを、だいたいは僕はわかるから、患者の家族に所属部隊を聞いてごらん」。みんな中国へ行ってますよ。医者はびっくりします。

京極 ひどいことをしたのをひた隠しにして生きて来られたんですね。

保坂 それを日本はまだ解決していない。

このような最期を迎えないためには、すべてを告白し、謝罪して許しを乞う以外にはないのだが、もちろんそのような行為には大変な勇気を要する。

それができた人は、本当に少ない。

[1] 藤原彰 『新版 南京大虐殺』 岩波ブックレット 1988年 P.31
[2]『陣中日誌 第5号 自昭和12年12月1日至昭和12年12月31日 歩兵第68連隊第3大隊本部(2)』 国立公文書館アジア歴史資料センター C11112199800
[3] 『スペシャル対談 京極夏彦×保阪正康』 IN・POCKET 2003年9月号 講談社 P.30-31

【関連記事】

 

中国の旅 (朝日文庫)

中国の旅 (朝日文庫)

 
南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて―元兵士102人の証言

南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて―元兵士102人の証言