憲法9条を生んだ幣原喜重郎の平和思想

■組閣当初から抱いていた戦争放棄の発想 憲法9条幣原発案説の当否を検討する際には、まず幣原自身が「戦争放棄」という発想を生むことができるような思想的背景を持っていたかどうかを考えなければならない。 そういう観点から幣原の著書『外交五十年』(1951年刊)を読むと、敗戦から憲法制定に至る時期において、幣原が…