読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

民団による「少女像」撤去要請を報じたSankeiBizさんのグッジョブw

在日 差別 日本軍性奴隷 マスコミ

韓国・釜山の日本総領事館前に設置された「少女像」(日本軍性奴隷制被害者を象徴する像)の撤去を民団(在日本大韓民国民団)が求めたという件。

ほとんどのマスコミが団長発言から都合の良い部分だけを切り取って報じる中で、なぜか産経系列のSankeiBizが、背景にまで踏み込んだ良い報道をしていた。

SankeiBiz(1/13)

韓国民団が慰安婦像撤去求める 「在日同胞は息を殺して生活」
 
 在日本大韓民国民団(民団)は12日、都内のホテルで新年会を開き、呉公太(オ・ゴンテ)団長が韓国・釜山の総領事館前に設置された慰安婦像について「撤去すべきだというのが、私たち在日同胞の共通した切実な思いだ」と述べた。その上で、一昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意の堅持を訴えた。

 呉氏は日韓合意を「両国政府が苦渋の末に選択した結果で、関係発展のための英断だ」と評価し、会場の拍手を浴びた。その上で「誠実な態度で履行されなければ問題は永遠に解決されない」と強調。「合意が履行されずに再び両国関係が冷え込み、私たち同胞はまたも息を殺して生きなければならないのか」と切々と述べ、「(韓国)国民の冷静かつ賢明な判断と、日本政府の冷静な対処」を求めた。

(略)

記事中で引用されているとおり、日本と韓国や北朝鮮との間で何かがあるたびに在日コリアンはヘイトの嵐にさらされてきた[1]。

 2002年9月の日朝首脳会談で、朝鮮政府が拉致を認めたことを契機とする日本政府の制裁政策と煽動的なマスコミ報道以降、全国の朝鮮学校の生徒や日本の学校の在日朝鮮人の子どもたちへの暴言・暴行が続発し、半年間に判明しているだけで1000件にのぼった。うち四分の三は、「朝鮮人、死ね」「植民地時代に朝鮮人を皆殺しにしておけばよかった」などというヘイト・スピーチであり、残りは民族衣装の制服であるチマ・チョゴリを切る、駅の階段から突き落とすなど、人種主義的動機に基づく有形力の行使を伴う犯罪行為、すなわちヘイト・クライムであった。

それどころか、今や特に何もなくても在特会のようなヘイト集団の暴言・暴行に日常的にさらされる異常な社会になっている[2]。

(略)新大久保ではヘイト・スピーチを聞く苦痛から店舗を閉めた在日朝鮮人の経営者がいたこと、韓国学園の保護者たちが子どもたちにバスや電車で韓国語を話さないよう言い聞かせていること等が報告された。新大久保の韓国ショップは軒並み売り上げが減少したと報道されたが、ある有名な韓国料理店の経営者は昨年に比べ半減したと述べている(『東京新聞』9月29日29面など)。前述の在日朝鮮人女性教員は、2012年、韓国学校の生徒たちが見知らぬ男性から暴行を受ける事件があり、その直後に同校の生徒であった娘さんが下校時に近所の公立小学校の子どもたちから「日本から出ていけ」などと罵られ、家族で娘さんの身の安全のため韓国学校退学の決断をしたという。

まさに、「息を殺して生きなければならない」状態と言える。

日本という国が、何世代にもわたってそこで生活している民族的マイノリティが迫害を怖れて身を縮めて生きなければならないという、人種差別にまみれた異常な国であること。SankeiBizの記事を読めば、日本以外の国際社会ではこのことが直ちに理解されるだろう。

SankeiBizさん、グッジョブであるww
 
[1] 師岡康子 『ヘイト・スピーチとは何か』 岩波新書 P.v-vi
[2] 同 P.56-57

 

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)

 

小林よしのり徹底批判(13)この少年たちをも殺せというのか?

歴史認識 沖縄

小林は、そもそも事実でさえなかった呉淞桟橋襲撃事件を使って「便衣兵の脅威」を煽ったあと、こう力説する[1]。

よく「女子供の死体まであった」とかいう証言があるが
女子供が便衣兵なら殺されたって仕方がない

田中正明著『南京事件の総括』にも、こうある…

  当時、中国の排日・抗日教育は徹底しており、
  婦人や子供までが、夜間信号筒をあげて日本軍の所在を知らせたり、
  老婆が買い物籠の中に手榴弾を秘匿して運搬したり、
  百姓姿の便衣兵に夜襲されたり…
  このため日本軍は思わぬ犠牲を強いられた。

兵と兵が戦うという近代戦の常識が通用しない
戦争を始めてみたら女・子供も戦闘する所だった
これじゃかわいそうだからとやめられるものでもない

ベトコンと戦ったアメリカ兵の苦悩も同じだったかもしれない

兵は国民の義務を果たすために戦うしかない
ゲリラは殺すしかない

この小林の主張は、当時の日本軍の行動原理そのものである。女だろうと子どもだろうと、捕えられたゲリラ(またはその疑いをかけられた者)は容赦なく厳重処分(=殺害)された。下は、南京攻略戦の途上で日本軍に捕えられた中国人少年兵の写真(村瀬守保氏撮影[2])。

小林にしてみれば、こうした日本軍の行為は何ら問題のない当然のことなのだろう。
 
では、次のような場合はどうか?

2015年夏、NHKスペシャル『あの日、僕らは戦場で~少年兵の告白~』が放映された。大戦末期の沖縄戦で、ゲリラ兵として米軍との戦闘に投入された少年たちの物語である。

 沖縄北部の山岳地帯で米軍と戦った少年兵がいる。戦後70年経った今、30人余りの元少年兵が戦争の秘められた事実を語り始めた。証言や未公開の資料から、少年たちは、陸軍中野学校の将校たちからゲリラ戦の訓練を受け、凄惨な戦闘を繰り広げていたことが分かった。さらに、「本土決戦」に向け、全国各地で少年たちによるゲリラ部隊が計画され、訓練が進められていたことも明らかとなった。彼らが、どのように身も心もゲリラ兵に変容させられていったのか。証言をもとに、少年たちの戦闘体験をアニメにして、幅広い世代に伝える。また、日本やアメリカで新たに発掘された資料を分析。「一億総特攻」に向けて、子どもが戦争に利用されていった知られざる歴史を伝える。

大本営は謀略戦・情報戦の専門家である陸軍中野学校出身の将校たちを沖縄に送り込み、彼らに地元の少年たちを使ったゲリラ部隊(秘匿名「護郷隊」)を組織させた。

 
中野学校出身将校たちが指導したゲリラ戦とはどのようなものだったか。当時16歳だった玉那覇有義さんは、米軍キャンプを夜襲するための偵察を命じられた。

ナレーション:小柄だった有義さんは、子どもであることを利用した作戦を命じられたといいます。

【再現アニメ】

  将校:アメリカの陣地に夜襲をかけ、燃料を焼き払い敵兵を殲滅する。
    そのためには陣地内部の情報が要る。
    玉那覇、貴様に陣地の偵察を命じる!

  (背が低く、幼い顔立ちだった僕は、民間人の子どものふりをして偵察するよう命じられた。)

  米兵:Hey, You!(おい、お前)Are you lost?(迷子か?)
    You must hungry. Come on!(腹減ってるんじゃないか?来いよ)

  米兵:Try it.(食べてみな)

  米兵:HAHAHA! Easy, easy!(ゆっくりでいいんだよ)

  (四人が入ったテントが五つ。
    入口40メートル先にドラム缶1000個。恐らくガソリン入り。
    子どもなら用水路で回り込める。裏には見張りなし…)

 
那覇さんの情報で夜襲は成功した。キャンプは爆破され、「今度はもっといい食べ物あげるよ。またおいで」と言っていた米兵も恐らく死んだだろう。

 
この少年たちは、まさに小林の言う「便衣兵」そのものだろう。

米軍は沖縄で、捕えた少年ゲリラ兵たちや、その疑いをかけた少年たちを、片端から殺せばよかったのか? 中国や東南アジアで日本軍がやったように。

小林が言っているのは、要するにそういうことである。
 
[1] 小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』 幻冬舎 1998年 P.128
[2] 村瀬守保 『私の従軍中国戦線』 日本機関紙出版センター 1987年 P.43

 

私の従軍中国戦線―村瀬守保写真集 一兵士が写した戦場の記録

私の従軍中国戦線―村瀬守保写真集 一兵士が写した戦場の記録

 
これが沖縄戦だ―写真記録

これが沖縄戦だ―写真記録

 
観光コースでない沖縄―戦跡・基地・産業・自然・先島

観光コースでない沖縄―戦跡・基地・産業・自然・先島

  • 作者: 新崎盛暉,松元剛,前泊博盛,仲宗根將二,亀山統一,謝花直美,大田静男
  • 出版社/メーカー: 高文研
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 
沖縄戦の真実と歪曲

沖縄戦の真実と歪曲

 

 

小林よしのり徹底批判【目次】

歴史認識

 

    1. 大東亜戦争とか言ってる時点で既にダメ
       
    2. 偽りの「アジア解放」「大東亜共栄圏」
       
    3. ガンディーには見抜かれていた
       
    4. 戦争が政策なら植民地主義だって政策
       
    5. 続・ガンディーには見抜かれていた
       
    6. ワラン・ヒヤ(恥知らず)
       
    7. 噂を根拠に中国軍を悪魔化
       
    8. 家族や故郷を守るために死んだ日本兵など一人もいない
       
    9. 浅薄な聞き取り

    10. 南京には便衣兵などいなかった

    11. 卑怯な便衣兵ならここにいる

    12. 新千歳空港騒動で本性を露呈した差別排外主義者

    13. この少年たちをも殺せというのか?

    14. (準備中)
       

オスプレイの事故率を民間航空と比較した産経新聞の蛮勇

オスプレイ マスコミ

昨年4月、米軍と安倍政権は、熊本大震災後の被災地への物資輸送にわざわざ役にも立たないオスプレイを使ってみせるというパフォーマンスを行った。このとき、そのお先棒を担いで「安全で役に立つオスプレイ」の宣伝につとめていたのが産経新聞だが、記事中でオスプレイの事故率が民間航空と比べても低いという驚くべき主張をし、しかもその後、こっそりと問題の部分を削除していた。

幸い同記事の魚拓が残っていたので、削除部分とその前後を引用してみよう。現在Webに掲載されている記事では、下記の下線部分がそっくり削除されている。

産経ニュース(2016/4/20):

熊本地震】一部メディアのオスプレイ叩きに被災者から批判の声 「露骨な政治的パフォーマンスでは…」 

 熊本地震で、輸送支援に当たっている在日米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの活動を、複数の日本メディアが批判的に報じたことに、被災者から怒りの声が上がった。「政治利用」や「パフォーマンス」などと断じる記事こそ、イデオロギーを背景とした政治利用ではないかという憤りだ。

(略)

 オスプレイは、ヘリコプターが持つ垂直離着陸やホバリング(空中停止)機能と、固定翼機の速度や長い航続距離といった双方の長所を併せ持つ。道路網が寸断されたなかでの支援活動には大きな力を発揮する。

 そうした利点に目をつぶった記事に、批判が噴出した。

(略)

 そもそも、日米同盟がある以上、被災地支援に利用できる米軍の航空機を使用するのは当たり前で、政治的な判断を必要とするのも当然だ。オスプレイ投入を政治利用と腐し、自衛隊の存在そのものに否定的な勢力の論法だと、自衛隊災害派遣も、自衛隊を正当化する政治利用だということになりはしないか。

 こうしたメディアが振りかざすオスプレイの危険性も事実からは遠い。

 米軍は事故について、死者や200万ドル(約2.1億円)以上の損害が出た事故をクラスA、より軽微な事故を順番にクラスB、Cとランク付けしている。

 米当局が明らかにしたMV22のクラスA事故率は1.93で、海兵隊の平均事故率2.45を下回る。この数字は大韓航空中華航空よりも低いという。

 これまでもオスプレイ沖縄県普天間飛行場への配備時など、執拗な批判にさらされてきた。しかし、物資輸送をはじめ、災害発生間もない被災地のさまざまな需要に応じるため、オスプレイを活用しない理由はない。米軍の中型輸送ヘリCH46と比べ、速度は約2倍、航続距離は約4倍で、積載量も約3倍といずれの性能も上回るからだ。

 救援活動での活躍は、ことさらオスプレイの危険性を強調し、過剰ともいえる議論をリードしてきた一部メディアにとっては“不都合な真実”になりかねない。しかし、露骨な反対運動のアピールは、逆に被災者や関係者の怒りや失望を買うだけではないか。(九州総局 中村雅和)

さて、オスプレイMV22のクラスA事故率1.93(この数字も実際より低く偽装された値である)が民間航空の事故率より低いというのは本当だろうか。記事中で名前をあげられている大韓航空を例にとって実際に検証してみよう。なお、この産経記事では「1.93」という数字しか書かれていないのでこれが何をどう計算した結果か意味不明になっているが、これは「飛行10万時間あたりの事故件数」である。

大韓航空の全フライト一覧がここに掲載されている。この中から、韓国と日本の間の定期便(他社運行便は除く)について、飛行時間と便数から1年間の合計飛行時間を求めてみると、次のようになる。

飛行時間便数飛行時間/日飛行時間/年

ソウル

沖縄

2.5

毎日x2

5

1825

ソウル

青森

2.5

週3x2

2.3

839.5

ソウル

福岡

1.5

毎日x8

12

4380

釜山

福岡

1

毎日x4

4

1460

ソウル

鹿児島

1.5

週3x2

1.3

474.5

ソウル

小松

1.7

週3x2

1.5

547.5

ソウル

名古屋

2

毎日x2

4

1460

釜山

名古屋

1.5

毎日x2

3

1095

ソウル

新潟

2

週3x2

1.7

620.5

ソウル

岡山

1.5

毎日x2

3

1095

ソウル

大阪

1.7

毎日x12

20.4

7446

釜山

大阪

1.5

毎日x4

6

2190

済州島

大阪

1.6

週4x2

1.8

657

ソウル

札幌

2.7

毎日x4

10.8

3942

釜山

札幌

2.5

毎日x2

5

1825

ソウル

東京

2.2

毎日x16

35.2

12848

釜山

東京

2.2

毎日x4

8.8

3212

済州島

東京

2.4

週3x2

2

730

ソウル

大分

1.5

週3x2

1.3

474.5

       

47121.5


飛行時間は年間で合計およそ4万7千時間となる。従って、大韓航空の事故率が10万飛行時間あたり1.93より高ければ、日本―韓国間の路線だけで、平均して毎年1件弱またはそれ以上の事故が起きているはずである。しかし実際には、昨年5月27日に羽田空港でエンジン火災事故(死傷者なし)を起こしたものの、それ以前は2000年以来、日本―韓国間だけでなく国内線や他の国との国際線すべてを含めても、一度も事故を起こしてはいない。

常識的に考えても、安全第一で設計され運用される民間航空機の事故率が軍用機のそれより高くなるはずがないのである。どこからネタを拾ってきたのか知らないが、産経新聞の信頼性がまとめサイト並であることをよく示した事例だった。

 

狙われる日本配備 オスプレイの真実

狙われる日本配備 オスプレイの真実

 
オスプレイ配備の危険性

オスプレイ配備の危険性

 
本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド

 

 

小林よしのり徹底批判(12)新千歳空港騒動で本性を露呈した差別排外主義者

差別 排外主義

昨年12月24日夜、北海道・新千歳空港国際線ターミナルで、大雪による欠航で足止めされた中国人乗客たちが集団で抗議するという騒動が発生した。

北海道新聞(12/26)

中国人100人、欠航で大騒動 大雪の新千歳空港 警官出動も

 【千歳】大雪の影響で欠航便が相次いだ新千歳空港国際線旅客ターミナルビルで24日夜、搭乗予定だった便が欠航したことに中国人約100人が抗議し、一部が搭乗口のゲートを乗り越えて飛行機に入ろうとする騒ぎがあったことが、道警への取材で分かった。

 千歳署によると、中国人が航空会社のスタッフに詰め寄るトラブルは同日、断続的に発生していたが、午後8時ごろから激しさを増したため、警察官が30人態勢で、翌25日午前8時ごろまで警戒に当たった。

 警察が駆けつけたところ、保安検査や出国手続きを終えた約500人の搭乗客で混雑していた搭乗口前で、約100人の中国人が抗議していた。搭乗口のゲートを勝手に乗り越えようとした搭乗客を制止した警察官に対して詰め寄る場面もあったという。

24日に起きた騒動だけを抜き出したこの報道だと、いかにもこらえ性のない中国人たちが身勝手に騒ぎ出したように見えるが、実際にはそんな単純な状況ではなかった。

レコードチャイナ(12/27)

(略)香港のメディアは、「2晩空港に足止めされた女性によると、床の上に直接寝なければならず、物資はほとんど尽きていて、空港職員が配る食事も全員がもらえたわけではなかった。旅行者の中には薬や赤ちゃんの粉ミルクがなくて困っている人もいた」などと伝えた。実際、中国人2人が体調不良を訴えて病院に運ばれている。

中国人の多くは中国系の航空会社を利用していたが、ある旅行者は「新千歳空港で3日も待っているのに何の案内もない。他の航空会社の飛行機は次々に飛んでいるのに」といった不満の声があった。また、騒動のきっかけについて、「日本のグランドスタッフが、ほかの客と中国人を比較するような言葉を発したことから抗議がエスカレートした」と証言する人もいたという。(略)

レコードチャイナ(12/28)

(略)当時、現場にいたという上海在住の男性によると、1日目(22日)の夜、足止めされた旅行者らにはホテルや宿泊場所は提供されなかったが、空港内の一部を開放し、毛布や寝袋が提供された。この時は、中国人旅行者らも秩序を保っていた。(略)

3日目になり天気が回復して、国内便や韓国、タイなど他国の航空会社の便は次々と搭乗が案内されたが、中国の航空会社はいつまでたっても案内されず。翌日(25日)からは再び大雪になる予報で、所持金も少なくなり、コンビニで購入できる食料なども限られていた中で中国人客らは焦り始める。搭乗口に集まり、航空会社の担当者に状況を尋ねるが、答えは当日(24日)の便を優先するというもので、22、23日の便について明確な回答はなかった。これが騒動のきっかけとなったようだ。

実際に当事者だった中国人たちはどんな思いだったのか。観察者網は当時、新千歳空港にいたユーザーの投稿を紹介している。

「3日目、つまり24日には天気が回復したが、おかしなことに当日の便を先に出発させた。この時はまだみんな我慢していた。残ったのは中国と韓国の航空会社の便だけで、その後韓国便も出発した。空港内のローソンも物はなくなるし、物価がもともと高くて所持金も少なくなった。何度も出たり入ったりで疲労がたまり、ほとんど極限状態だった。こうした状況で異なる待遇を受けることは本当に受け入れられなかった」(略)

このほか、以下のようなコメントも寄せられている。
「3日目に天気が回復しても、日本は国内便を優先させた。その上、食べ物も宿も手配してくれなかった。そのせいで病気になった人もいる。抗議した時、韓国人の乗客も加勢していたのに」
3日間も足止めされて、食べ物も飲み物も泊まるところもないなかで感情をコントロールできるのは神か聖母。日本の空港と航空会社に責任はないのか?旅行者だけを責めるのは不公平だ」(略)

24日当日に飛行機が欠航になって乗客が騒いだわけではなく、彼らは既に22日から空港内に足止めされていて、食事すら十分に提供されず、しかも自分たちの便より後の国内便などが先に出発していくのを目の当たりにしていたわけだ。これでは、むしろ怒らないほうが不思議なくらいだ。

清水氏のツイートにはホテルを手配しなかった中国の航空会社(だけ)が悪いというリプライがついているが、乗客たちは既に出国していたのだから入管が許可しない限り国内側に戻ることはできないし、管制の許可なく航空会社が勝手に自社便を飛ばすこともできない。当然、航空会社だけでなく空港当局の責任も重大なはずだ。

いすみ鉄道 社長ブログ(12/28)

国際線の待合室というのは日本を出国後ということですから、お客様は自由に出入りできない状態です。

そういう所に前の晩から閉じ込められたまま、十分なケアもされていない中で、騒いだのが夜8時過ぎということのようですが、2晩目を同じ場所で迎えようとしているわけで、その人たちの目の前を、24日の同じ便が、23日のお客ではなくて、24日のお客を乗せて出発していく。そういう状況を目の当たりにしたら、そりゃあ私だって暴れますよ。

少なくとも、入管や税関はどういう取り扱いをしたのか。航空会社はどういう取り扱いをしたのか。元業界人としてはとても気になるのですが、最初のTBSのニュースを見る限りは何も記されていません。

少なくとも、騒いだ中国人乗客たちを非難して済むような話ではない。

ところが、この騒動のニュースに脊髄反射的に反応して、差別排外主義者の本性を曝け出した者がいる。小林よしのりである。

小林よしのりオフィシャルサイト(12/26)

新千歳空港の暴動は将来の予行演習
 
新千歳空港で、大雪で搭乗便の欠航に怒った中国人100人が暴れまわり、警察官につかみかかる大騒動になった。
さもありなん!やっぱり中国人!

雪が珍しくて北海道に来る中国人は多いが、その雪が原因で飛行機が飛ばなくなると、キレて暴動を起こす。
それが中国人!納得だ!

(略)

お・も・て・な・し」などと言って、中国人の観光客に過剰なサービスをしているが、いずれ巨大地震も起こるだろう。
そのとき暴動を起こすのは、もちろん中国人に違いない。
中国人の落とすカネを今はありがたがっているが、いざ災害のときには、何を起こすか分かったものではない

こう言えば必ず差別だと言って、「ポリコレ棒」を振り回す輩が湧いて出るだろうが、危機管理は今から考えておかねばならない。

日本は地震大国だ。日本人は我慢強い。公共心が強い。
だが観光客だらけの日本で、将来、非常事態に何が起こるか、想定しているだろうか?
新千歳空港の中国人の暴動を見ていると、将来に起こる禍々しいことの予兆のようで、背筋が寒くなる。

今回の小林発言は、かつて石原慎太郎が、大災害時には「不法入国した多くの三国人、外国人」が騒擾事件を起こす、と暴言を吐いた「三国人発言」とまったく同じである。いや、小林は「不法入国した犯罪者」どころか観光に来ただけの普通の中国人が暴動を起こすと言っているのだから、妄想度の高さではあの石原さえ超えている。

確かに、小林自身が言うように、将来必ずまた起こるだろう大災害に向けて、危機管理は真剣に考えておかねばならない。しかし、そこで警戒すべきは観光客による暴動などというあり得ないお花畑事態ではない。厳に警戒すべきは、小林のような差別排外主義者による憎悪扇動である。

 

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)

 
脱ゴーマニズム宣言―小林よしのりの「慰安婦」問題

脱ゴーマニズム宣言―小林よしのりの「慰安婦」問題

 
戦争論妄想論

戦争論妄想論