読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

在日

立憲民主党は辻元清美を守れ!

辻元清美衆議院議員(立憲民主党国会対策委員長)が、政治資金規正法で禁止されている外国人からの政治献金を受けていたというので、大騒ぎになっている。 しかしこの件、たかだか一万円程度である上、「外国籍の人は寄付できない」と明記された振込用紙を使…

関空お土産没収事件が象徴する陰湿いじめ大国ニッポン

■ 事件(これはまぎれもなく「事件」である)の概要 6月28日、北朝鮮への修学旅行から帰国した神戸朝鮮高校の生徒たちが、関西空港の税関で、親戚や友人からもらったお土産を大量に没収されるという事件が発生した[1]。 62人の生徒たちは2台の飛行機に分乗…

高円寺阿波踊りから排除された「あっちの子」たち

先日、新聞を開くと、こんな広告が目に入ってきた。高円寺阿波踊り関連イベントのお知らせである。 阿波踊りといえばもちろん徳島県(阿波国)が本場だが、東京都杉並区の高円寺でも、毎夏盛大に阿波踊り大会が開催されている。1957年から続いている行事だと…

BPO放送人権委、『ニュース女子』による辛淑玉氏への人権侵害(名誉毀損)を認定!

昨年1月2日に放送された『ニュース女子』「沖縄基地問題特集」については、既にBPO(放送倫理・番組向上機構)放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反があった」と認定している[1]。そして今度は、同機構の放送人権委員会が、同番組が「のりこえねっと…

祝・TOKYO MXテレビ『ニュース女子』放送打ち切り!しかしまだ終わりではない。

取材もせずに沖縄・在日ヘイトを垂れ流していたフェイクニュース番組「ニュース女子」が、ついにTOKYO MXテレビで放送打ち切りとなった。 「関係者によると、批判を受け、MXは自ら番組の制作に関与したいと申し入れて交渉していたが、DHC側から断られた…

朝鮮総連への銃撃事件自体より、このヘイトクライムへの日本社会の無関心さのほうが恐ろしい

NHKニュース(2/23): 朝鮮総連中央本部に発砲 男2人逮捕 23日午前4時前、東京・千代田区にある朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の中央本部の前に右翼団体の関係者と見られる2人組の男が車で乗りつけ、拳銃の弾を数発撃ち込みました。警戒に当たっていた…

最低最悪の麻生太郎「武装難民射殺」暴言

■ 難民の保護策より先に「武装難民」対策を考える異常 まずは麻生の発言内容を確認する。これがこの国の現副総理(元首相でもある)の発言だというのだから、あまりにも酷く、情けない。 読売新聞(9/23): 麻生副総理兼財務相は23日、宇都宮市内のホテル…

辛淑玉氏を「親北派」呼ばわりする『ニュース女子』の無知と不見識

■ 「のりこえねっと」を貶める『ニュース女子』の日当デマ TOKYO MX『ニュース女子』の沖縄ヘイトは、まさに誹謗中傷とデマの塊だった。虚偽情報で米軍基地反対運動に対する憎悪扇動を繰り返したあげく、反対運動は反ヘイトの市民団体「のりこえねっと」が金…

「そうだヘイトしよう!」 はすみとしこ本の嘘(5)「朝鮮進駐軍」のまぼろし

代表的な嫌韓デマのひとつである「朝鮮進駐軍」。はすみ本では「オレたち朝鮮進駐軍」と題してイラストとデタラメな「解説」が掲載されている[1]。 いわゆる「朝鮮進駐軍」とは、敗戦直後に在日朝鮮民族(敗戦直後その時点では、まだ国籍は日本)によって結成…

「帰化」は差別語

日本では、外国人が日本国籍を取得することを「帰化」と呼ぶが、これは外国人(とりわけ周辺諸国の)に対する蔑視を背景として持つ差別語である。古田武彦氏による次の指摘[1]が、その本質を鋭く突いている。 「帰化」とはなにか ここで一見横道ながら、「帰…

「そうだヘイトしよう!」 はすみとしこ本の嘘(4)「帰化」 一世についての不都合な事実

はすみ本の「私の帰化した理由」(P.20-21)には、さらりとすごいことが書いてある。 帰化一世でも国政に立候補 日本を内側から変えられる 祖国に貢献できる (略) これは安易に帰化することができ、帰化一世でも国政に参加できるシステムを持つ日本の危う…

「そうだヘイトしよう!」 はすみとしこ本の嘘(3)「帰化」 ― バカにされているのは読者

『そうだ難民しよう!』は、本文の半分近く、その他を含めた全体から見ても1/3強を在日や韓国・朝鮮への誹謗中傷に費やしている。 その先頭に置かれているのが「そうだ在日しよう!」だ。この項によると、在日コリアンには「被害者利権」「カンタンに生活保…

「そうだヘイトしよう!」 はすみとしこ本の嘘(2)在日は「する」ものではない

「そうだ在日しよう!」[1]のイラストには、緑色の韓国パスポートを持つ女性が描かれている。このパスポートをネタに、はすみはこう書く。 イラストの女性が持つ「緑色の何か」は、彼らの祖国のパスポート。彼らは日本人ではなく、日本国内に居住する「外国…

「そうだヘイトしよう!」 はすみとしこ本の嘘(1)通名

シリア難民中傷イラストで注目を集めた「はすみとしこ」が本を出した[1]。わずか数十ページの、パンフレットに毛が生えた程度のものだが、その全ページに差別と憎悪が満ち満ちている。差別禁止法を持つまともな国であれば、こんなものを出版するのは立派な犯…

戦後も変わらなかった朝鮮人差別の実態 ― 昭和30年代の一例

先日亡くなられた水木しげるさんの漫画『村の朝鮮人』についての記事への反応を見ていると、「平均的」日本人というものが朝鮮人差別についてほとんど何も知らないことに驚かされる。 戦前戦中の実態は水木氏が描かれたとおりだが、戦後になっても、そこに大…

傷痍軍人とは誰だったのか

落合恵子さんが、東京新聞のコラム(6/20)で、子ども時代に目撃した「傷痍軍人」のことを書いている。 この道 ―私を私にしたもの― 落合恵子 (10) アコーディオン 敗戦後の郷里、宇都宮での日々をノスタルジーだけ書くことはできない。 … そんな時、街の目ぬ…

ついに福島県が朝鮮学校の除染を決定

先ほど金明秀さんのTwitter経由で入ってきた情報。 「各種学校」だからと福島朝鮮初中級学校を除染対象から排除してきた福島県が、ついに態度を改めたとのこと。 @rysyrys 梁英聖 福島県私学法人課に電話したら、福島朝鮮初中級学校が校庭等土壌緊急改良事…

朝鮮学校の除染をやらないための理屈

文科省はもちろん、福島県も郡山市も、福島朝鮮初中級学校の除染をしてくれない。 それはなぜか?実際に行政との交渉にあたったかっちんさんのブログに、向こうの言い分が書かれている。 かっちんの青商会物語(6/30): 福島ハッキョの表土撤去の交渉−その①…

被曝しても差別

いわゆる20mSv問題で、福島県郡山市は市長独自の判断により、文科省基準を下回る線量であっても学校校庭の除染を行うことを決めた。 郡山市HP「災害対策本部からのお知らせ」(4/25): 校庭・所庭の表土の除去及び放射線測定器の寄附並びに配布 次に、校庭…

「よそ者」には恩を仇で返すのが美しい日本の伝統文化

別エントリーでも書いたように、今回の東日本大震災でも阪神淡路大震災のときと同様、朝鮮学校が避難場所や住民支援の拠点として活躍している。 仙台市八木山にある東北朝鮮初中級学校でも、全国の在日有志や総連組織から送られた物資を使って、周辺住民への…

アジアカップ優勝が生んだ素晴らしすぎる産経「主張」

しばらく仕事で海外に行っていたせいで、すっかり日本のニュースにうとくなってしまった。 不在の間にたまったフィードを読み返していたら、安禅不必須山水さんのこの記事に遭遇。 今朝の産経主張、イザで読みました。 サッカーのアジア杯での優勝を絶賛し、…

敵性外国人、というわけか?

朝鮮学校無償化、当面対象外に 官房長官「手続き停止」(Asahi.com) 仙谷由人官房長官は24日午前の記者会見で、在日朝鮮人の子弟らが通う朝鮮学校への高校無償化制度適用について「昨日、今日の事態のなかで、現在進めているプロセスをいったん停止すると…

管総理談話が無視しているもの

前の記事では管総理談話に何が書かれているかを見てきたが、ここでは何が「書かれていないか」について考えてみる。 すぐ気がつくのは、在日韓国・朝鮮人に関する言及が一切ないことだ。 彼らは、過酷な植民地支配の結果として故郷を離れ、日本本土で生きる…

「寅さん在日説」への違和感

ふたたび「池田香代子ブログ」からの話題。*1「国民的人気者」の寅さんが(映画では明かされていないが)実は在日だった、という話は、いい話、深い設定、といった文脈で語られることが多いように思う。しかし、私はこれには違和感を感じる。それは、ほかな…