読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

江戸の怪談本に描かれた「肝太き」見事な女性

【広告】

東京新聞に毎週日曜、塩村耕・名古屋大大学院教授が江戸期の古書についての解説記事「江戸を読む」を連載していて、これがなかなか面白い。

9月9日の記事では、江戸前期(1678年 -- 四代将軍家綱の時代)に出版された怪談本『宿直とのいぐさ』にある、「女は天性、肝きも太き事」という話を取り上げている。ちなみに、怪談本ではあるが、この話には幽霊も妖怪も出てこない。

摂津国富田とんだの庄(今の大阪府高槻市)に住む若い女性が、夜な夜な恋人のもとに通っていた。道のりは一里(約4キロ)ほどもあり、田の細いあぜ道を通って、人目を気にしながらの行き来である。

それだけでも大変なのに、あるとき、大雨で流されたのか、農業用水の溝にかかっているはずの丸木橋が見当たらない。困ってうろうろしているうちに、行き倒れたらしい男の死体が、ちょうど橋のように溝の上に横たわっているのが見つかった。

女がこの死体を踏んで溝を渡ろうとしたところ、なんと死人が着物の裾すそをくわえて離さない。普通なら腰を抜かして逃げ出すところだが、女は動じない。裾を「引きなぐりて」口から離させ、そのまま通過する。

それだけでなく、一町(約100メートル)ほど過ぎたところで、どうもおかしいと思い、わざわざ戻ってきてこんな「実験」を試みる。

死人、心なし、いかで我が裾を食わん。いかさまにもいぶかしと、また元の所へ帰りて、わざとおのが後ろの裾を、死人の口に入れ、胸板を踏まえ、渡りて見るに、元の如ごとく銜くわゆ。さてはと思い、足を上げてみれば、口開く。案の如く、死人に心はなし。足にて踏むと踏まぬとに、口を塞ふさぎ、口を開くなりと合点して、男の方へ行く

冷静かつ大胆、実に見事な科学的探究心である。時代が今なら、この女性は科学者として大成できるだろう。

一方、寝物語にこの話を聞いた恋人の男は「男、大きに仰天して、その後は逢わずになりにけり」というのだからしょうもない。

まあ、こんなヘタレ男とは早く別れられてよかった、と思うべきだろう。

 

三河に岩瀬文庫あり―図書館の原点を考える

三河に岩瀬文庫あり―図書館の原点を考える

 
水木しげる妖怪大百科

水木しげる妖怪大百科