読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

岡村隆史の風俗発言は論外、許してはならない

【広告】

お笑い芸人の岡村隆史(吉本興業所属)が4月23日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、コロナ禍で「かわいい子」が風俗嬢になることを期待するという趣旨の発言を行った。

smart-flash.jp

 リスナーからの「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」とのメールに、岡村は「今は辛抱。『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。ここは絶対、乗り切れるはずなんです」とコメント。

(略)

 さらに「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」と希望を持っていうという。それは「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と、風俗店に美女が入店する可能性が高いと持論を披露。

 岡村は「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と予測。そのため「『え? こんな子入ってた?』っていう子たちが絶対入ってきますから。だから、今、我慢しましょう。我慢して、風俗に行くお金を貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3カ月のために頑張って、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう」と呼びかけていた。

大炎上しているそうだが、当然だろう。およそ公共の場で口に出していい言葉ではない。お笑い芸人だから、ネタだから、深夜のラジオ番組だから、といった言い訳は許されない。

何よりもまず、他者が困窮した結果の行動を「面白いこと」と期待している時点で論外。その上、「お金を稼がないと苦しい」から風俗で働く、つまり本当はセックスワークをしたくない女性を、そんな女性だからこそ買ってやろうと待ち構えているのだからお話にならない。

この件についてはニッポン放送がお詫びのコメントを出しているが、放送局より先に、まず岡村本人の謝罪が必要だろう。

果たして岡村は自分の発言の何が問題だったのか、きちんと理解した上で謝罪できるだろうか。