読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

日本の警察はその気になれば「誰でも」逮捕できる

【広告】

「革労協活動家」とされる男性(69)が、「無許可で貸金業を営んだ」という容疑で逮捕された。

(略)

警察によりますと、緒方容疑者は2019年5月から8月にかけて、許可がないにも関わらず、県内に住む知人の男性に4回にわたってあわせて1万2000円を貸し付け、貸金業を営んだ疑いです。

警察は緒方容疑者の認否を明らかにしていませんが、革労協による組織的な関与があったとみて、押収品などを調べ容疑の裏付けを進める方針です。

知人同士で少額の金を貸し借りしただけで逮捕できるなら、事実上、日本の警察はその気になれば「誰でも」逮捕できる。目をつけた相手を徹底的にマークし、難癖をつけられそうな行為を見つけておいて、逮捕したいタイミングで逮捕、というわけだ。今回の逮捕は、天皇即位イベントへの反対運動をさせないための予防拘禁だろう。

2017年2月には、反原発グループが数人で借りたレンタカーの代金を割り勘にしただけで、「白タク営業」容疑で逮捕されるという事件も起きている。しかも、レンタカーを使ったのは逮捕の1年半も前だった。

こんなメチャクチャな「容疑」で公判が維持できるはずもなく、逮捕された三人は起訴猶予となった。しかし、やられたのが普通の勤労者や自営業者なら、不起訴だろうが無罪だろうが、逮捕+長期勾留だけで人生に大ダメージを食らうことになる。もちろん、だからこそ警察は恫喝の手段として「逮捕」を乱用する。

こんな馬鹿げた「容疑」に逮捕状を出してしまう裁判所も、警察の言い分を垂れ流すだけのマスコミも共犯の犯罪行為だ。

法の下の平等が一顧だにされないこの国は法治国家ではない。

【関連記事】