読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

高円寺阿波踊りから排除された「あっちの子」たち

【広告】

先日、新聞を開くと、こんな広告が目に入ってきた。高円寺阿波踊り関連イベントのお知らせである。

阿波踊りといえばもちろん徳島県(阿波国)が本場だが、東京都杉並区の高円寺でも、毎夏盛大に阿波踊り大会が開催されている。1957年から続いている行事だという。

この広告を見て、思い出したことがある。

以下の文章は、今からおよそ50年前、当時小学校三年生だった女の子「せっちゃん」が、この高円寺阿波踊りで体験した出来事だ。[1]

おねだり
(略)
 小学校三年生のとき、高円寺商店街で阿波踊りがあった。町の大きなイベントだ。
 各町内会が連をつくり、色とりどりの着物で踊りを競い合う。
 母が働いていたマージャン屋の前がメインの通りで、そこを踊り子さんが通る。
 出たかったが、着物がないと出られない。出たいなぁ、と口に出して言った。
 当時、子どもの浴衣は千円ほどした。家では、十円二十円のことで父と母がケンカしている。
 欲しいとは思っても、夢のまた夢だった。
 ところが数日後、母はどこでどう工面したのか、九百八十円もする浴衣を買ってくれた。
 小躍りするほど嬉しかった。
 学校から帰るとすぐその浴衣を持って銭湯に行き、入り口の鏡の前で着ては、何度もポーズをとった。
 我ながらかわいいと思った。
 祭の当日、早くから浴衣を着て受付に行くと、町内のえらいおじさんから、「あんたはあっちの子だから」と追い払われた。
 「あっち」とは、「朝鮮人」ということだった。連にも入れてくれなければ、町内会が子どもに配るお菓子袋もくれなかった。
 みんなは私を見た。そして遠巻きになった。
 いづらくなって、裏通りに出た。
 祭りが終わったら帰ろう、と思ってふらふらしていたが、もう一時間くらいたったかなと思っても、五分くらいしか過ぎていなかった。居場所もなくて、とうとう、店に帰った。
 すると母は、マージャン屋の二階の窓から体を乗り出して、娘がどこで踊っているのかと一生懸命探していた。
 母の後ろに立った。
 「あらっ、あんたどうしてここにいるの?」
 とっさに、「あんなのガキの遊びだから帰ってきた」と答えた。
 「朝鮮人だから入れてもらえなかった」とは、どんなことがあっても言うまいと決めていた。近所の人から朝鮮人だといって罵倒され、階段の踊り場で泣いていた母の姿を思い出していた。
 貧乏からは抜け出すこともできるが、「朝鮮人」は体から剥ぎ取ることができない。
 母は、「まったく、この子は!」といって私を殴った。
 母からすれば、あんな苦しい中から工面して浴衣を買ってやったのだ。たまらなかっただろう。
 以来、母にも、おねだりということは一切しなくなった。
 いや、そういう言葉は、私の頭の中には二度と生まれなかった。


今はさすがにこれほど露骨な差別は行われていないだろうが、この当時と比べて、日本社会は果たしてどの程度進歩したと言えるだろうか?

この「せっちゃん」とは、日本名「新山節子」の在日三世、辛淑玉さんのことだ。

その辛淑玉さんはいま、ドイツに「事実上の亡命」を余儀なくされている。

東京新聞(3/14):

「ニュース女子」問題で辛淑玉さん
ヘイト標的 拠点ドイツに

 沖縄県の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」で、名誉を毅損されたと認められた団体代表の辛淑玉さん(59)が昨年11月からドイツに生活拠点を移した。本紙の取材に対し、昨年1月に番組が放送されてから民族差別に基づくヘイトクライム(憎悪犯罪)の標的にされかねない不安が高まったとして、「事実上の亡命です」と明かした。(辻渕智之)

 辛さんによると、番組放送後、注文していない物が自宅に届いた。近所で見知らぬ人が親指を下に向け批判するポーズをしたり、罵声を浴びたりもした。これまでも仕事先などへの脅迫や嫌がらせはあったが「私の身近な生活圏に踏込んできた」という。(略)
(略)
 最近は「スリーパーセル」(潜伏工作員)との中傷もある。先月、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部が銃撃されたことに触れ、「私が狙われてもおかしくなかった。国のリーダーは北朝鮮と敵対しても、『日本の中にいる朝鮮人たちは一緒に生きていく隣人です』と宣言してほしい」と訴える。


辛淑玉さんは、日米両政府から差別・迫害されるマイノリティ(沖縄)に連帯し、その自己解放運動を支援してきた。そんなマイノリティ(在日コリアン)女性の自宅を特定し、嫌がらせを繰り返して、ついには国内で生活できなくなるまで追い詰める。これが「愛国」だの「美しい国」だのを標榜している連中の正体なのだ。

一刻も早く、そんな不良日本人どもからこの国を取り返さなければならない。それは、間違いなく、この国のマジョリティである我々の責務である。

[1] 辛淑玉 『せっちゃんのごちそう』 NHK出版 2006年 P.64-65

【関連記事】

 

せっちゃんのごちそう

せっちゃんのごちそう

 
鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族

鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族

 
拉致と日本人

拉致と日本人