読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

自らの人権侵害を棚に上げて難民支援者をディスる入管の卑劣

【広告】

11月20日、「東京入国管理局」公式アカウントがこんなツイートを行い、批判の的となっていた。

そしてその批判は当然だ。

入管といえば、難民認定申請者をも含む未資格滞在者に対する不当な長期収容、劣悪な収容環境、さらには医療ネグレクト等の虐待・人権侵害が繰り返し指摘されている、この国の役所の中でも最悪の部類の存在である。

入管公式アカウントの「中の人」がこうした実態を知らないはずはない。いや、知らないなどということは許されない。

にもかかわらず、難民支援者が行なったのかどうかすら定かでない「落書き」を、良識ぶって揶揄してみせる。しかも、普段は窓口の混雑状況くらいしかツイートしないアカウントが、わざわざこれを固定ツイートにしているのだ。

なぜ入管がこんなツイートをするかといえば、「あいつらは違法行為をしているぞ」と指させば、事の軽重など無視して難民支援者を攻撃し入管を擁護する排外主義者のウヨが湧いてくることを知っているからだ。

自らの悪質な人権侵害を隠蔽し開き直るばかりか、抗議者を叩かせるための大衆煽動までする。こんな組織は、まず徹底的な事実解明と責任者処罰・損賠賠償を行った上で一から作り直すべきだ。

 

在日外国人 第三版――法の壁,心の溝 (岩波新書)

在日外国人 第三版――法の壁,心の溝 (岩波新書)

 
たたかう!ジャーナリスト宣言―ボクの観た本当の戦争

たたかう!ジャーナリスト宣言―ボクの観た本当の戦争