読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

言葉の暴力は人を殺す

【広告】

女子プロレスラーの木村花さん(22)が23日に死亡していたことが報じられた。SNSでの誹謗中傷に追い詰められた末の自死だという。

www.nikkei.com

捜査関係者によると、室内には母親らに宛てて「ごめんね。産んでくれてありがとう」などと、謝罪や感謝の気持ちを記したメモが残されていた。(略)

3月末に配信された番組では、木村さんの試合用のコスチュームを間違って洗ってしまった別の出演者に憤ったシーンが流された。SNS(交流サイト)で「二度とテレビに出ないでください」「早く消えてくれよ」などの心ないメッセージが、相次いで木村さん宛てに送られる事態となった。

木村さんは23日未明、写真共有アプリ「インスタグラム」に「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」とメッセージを残した。投稿には「つらかっただろうなと思うと胸が痛い」「すごく悔しい」など、2万件を超えるコメントが寄せられている。

news.nifty.com

■《お前が早くいなくなればみんな幸せなのにな。まじで早くきえてくれよ》(原文まま)

(略)

 木村さんは亡くなる直前と思われる午前3時に自分のSNSを更新。インスタグラムのストーリーには《愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。/さようなら》という意味深なメッセージを投稿し、一部のネット掲示板では心配する声もあがっていた。

 また、木村さんがツイッターで最後に『いいね』をしたのが冒頭のコメントだった。『テラスハウスウォッチャー』の女性誌記者が解説する。

「■ここ2か月ほど、花ちゃんのSNSは炎上していて、消えろなどのコメントはもうしょっちゅうでした。インスタグラムはコメント制限をかけていたのですが、ツイッターにはあらゆる罵詈雑言があふれていました。それを心配した母親で元女子プロレスラーの木村響子さんはアンチに応戦する姿勢を見せましたが、花ちゃんが亡くなる今日までアンチからの攻撃が止むことはありませんでした」

木村さんの最後のインスタグラム投稿:

自死の直前、彼女はこの子猫をカゴに入れて所属事務所に運び、ドアの外に置いて帰ったという。仲間にこの子の命を託したのだろう。自宅から事務所までの行き帰り、どんな気持ちだったのかと思うと胸が詰まる。

SNSでの誹謗中傷の嵐は集団でのいじめと同じだ。叩いている側は気軽にやっているのだろうが、たとえ言葉だけでも、悪意を浴びせ続ける暴力は時に人を殺す刃となる。

加害者は相応の報いを受けるべきだ。

木村花さんのご冥福をお祈りします。