読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

自衛隊は災害救助隊に改組すべし

自衛隊 憲法

 先日こちらの記事に書いたとおり、日本側からバカなことを仕掛けない限り中国が攻めてくることなどないし、万一バカなことをやらかして中国と全面戦争に突入したら自衛隊では対抗できず敗戦必至である。また、日本にとって、明治「維新」以来敗戦まで80年にわたって続けたアジア侵略と植民地支配の責任を認めて謝罪することのほうが、自衛隊などよりはるかに強力な安全保障の手段となる。

よって、そもそも違憲の存在である自衛隊を維持し続ける理由はない。
 
では、現に存在している自衛隊をどうすべきか?

私は、自衛隊は非武装化して災害救助隊に改組するのが最も良いと思う。

もともと日本は世界に冠たる災害大国である。実際、日本政府は大規模災害時に自衛隊を救助・復旧活動に利用することによって、自衛隊は必要だというイメージ作り(より正確には、自衛隊に反対する者は人命を軽視し救助活動を妨害する愚か者だというイメージ操作)を行ってきた。だが、災害救助には戦車もミサイルも戦闘訓練も要らないのである。必要なのは重機やヘリであり、人命救助のための訓練である。その意味で、自衛隊はその予算と時間の大半を無駄に浪費してきたと言える。

自衛隊を災害救助だけを任務とする組織に改組し、適切な装備と専門的な訓練を経た人員を備えるようにすれば、現在よりはるかに有効な救助活動ができるようになるし、アメリカから高価な武器を売りつけられることもなくなる。もちろん、憲法9条と現実の乖離も解消し、改憲の必要もなくなる。
 
また、現に在籍している自衛官の雇用も維持できる。

もっとも、全員というわけではない。以下、「みんな楽しくHappy♡がいい♪」さんから引用する。→「死んでいい隊員をきちんと用意しておくというのがセオリーです」元自衛官井筒高雄さん(文字起こし)

服部良一(政治家):

ちょっと自衛隊の話にいきたいんですけど、9割がサラリーマン自衛隊だと、サラリーマン感覚の自衛隊だというようなことを、井筒さん、本にね書いてあるところがあるんですけど。

でも一方ですごい軍部の、軍部というか制服組の勝手な暴走みたいな匂いもするじゃないですか。

アメリカに行ってなんか約束してきたりとか。

戦争法案を作る前から、そのマニュアルでいろいろ教育したりとか。

それで一方で自衛隊員になる人いるの?今から。

そんな意見も出てるんですけど、その辺、ちょっとどんな具合ですか?自衛隊の今の感じ。

 

井筒高雄(元自衛隊):

今言われたサラリーマン自衛官とか、公務員自衛官の方が圧倒的というのは、ま、致し方ないと思うんですね。

専守防衛で演習場と駐屯地の市街地戦をつくったプレハブで訓練をしていればすむ」っていうところだったんですよ。

(略)

それから制服のキャリア組と言われている人たちは、なんで勇ましいか?というと、戦地に行かないからですね

防衛省にいるから、駐屯地にいるから、ひょっとして行ったとしても、ベースキャンプの中でアメリカ軍とか多国籍軍の司令官達とオペレーションをやる人たちなので。

戦場に行くのは、高卒たたき上げが、だいたい行き着く”准尉”というところから、あとは”曹”という階級と”士”という階級のところが戦場の最前線に行くんですね。

 
旧軍部で無謀な戦争指導を繰り返した高級軍人連中の精神的子孫が今も自衛隊の中枢に巣食っているのだ。こういう有害無益な連中は即刻クビにしなければならない。
 
非武装化した自衛隊(当然名称も変えることになるが)を海外での災害時にも派遣し、救助と復旧を支援するようにすれば、国際社会における日本の地位は格段に向上し、それ自体が強力な安全保障の手段となる。戦争の火種になりかねない危険な自衛隊から、戦争を防止し国の安全度を高める災害救助隊への改組はぜひともやるべきだ。