読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

【これはひどい】堀江貴文に煽られた連中が真っ当な餃子店を休業に追い込んだ

【広告】

ホリエモンこと堀江貴文のFacebookを見ると、だいたい食い物関係の企画だのイベントだのの話ばかり書いているのだが、ここに9月22日、尾道の餃子店で連れがマスクをしていなかったために入店を拒否されたと非難するエントリーがアップされた。

堀江はこの店の店主の対応が横暴だったと言いたいようだが、飲食店にとっては自分の店で感染が発生したら致命的なのだから、マスク着用をはじめ、客側にもできる限りの対策を求めるのは不当ではない。

そもそも、聞くまでもなく、店側も「食べてる時以外ずっとつけてろ」などとは言っておらず、マスク着用は注文・精算時と明記してあるではないか。

堀江がこのエントリーをアップすると、たちまちこの店はネットリンチにさらされ、嫌がらせ電話が殺到する事態となり、とうとう休業に追い込まれてしまった

堀江のような強い影響力を持つ人間が簡単に店を特定できるような形で非難すれば、こういう結果になるのは当たり前と言うしかない。堀江のツイッターフォロワー数は352万以上。当然その中には、彼が指差した相手を叩くためなら手段を選ばないような連中がいくらでもいるだろう。

ちなみに、この店を「コロナ脳」と非難した堀江だが、自分が講演するイベントでの感染対策はこうである。

来場者にマスク着用ばかりか検温まで義務付けている。これを決めたのは自分ではなく会場側だと言うかもしれないが、そんな「コロナ脳」会場での講演は拒否するのでなければダブルスタンダードだ。

自分が引き起こしたこの事態に対して、堀江はどう責任を取るのか。個人営業の餃子店など泣き寝入りするだろうと見て無視するつもりか。

こういう、倫理観も責任感もない人間をいっぱしの識者かのように持ち上げる風潮がおかしいのだ。