読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

自衛隊

憲法9条の「芦田修正」をめぐる茶番劇

■ 「芦田修正」は自衛戦力保持の正当化を意図してなされたものではない 前回記事でも指摘したとおり、帝国憲法改正小委員会(1946.7.25-8.20)で行われた9条の修正で重要なのは、NHKスペシャルが礼賛してみせた「国際平和を誠実に希求し」云々の追加などで…

【番組評】裕仁の「平和国家」勅語は褒め称え、憲法9条の「芦田修正」はスルーしたNHKスペシャル

4月30日に放送されたNHKスペシャル『憲法70年 “平和国家”はこうして生まれた』が好評なようだ。日本国憲法第9条の条文がGHQ草案のままではなく、国会(帝国憲法改正小委員会 1946.7.25-8.20)での審議を通じて文言が追加・変更されたことを根拠に、「9条…

自衛隊配備は宮古・八重山に第二の沖縄戦をもたらす

■自衛隊の組織防衛に利用される先島諸島 先島諸島(宮古・八重山)への自衛隊配備が進んでいる。 従来、先島にある軍事基地といえば、「本土復帰」の際に米軍から自衛隊に引き継がれたレーダー基地(航空自衛隊宮古島分屯基地)が宮古島にある程度だった。と…

自衛隊は災害救助隊に改組すべし

先日こちらの記事に書いたとおり、日本側からバカなことを仕掛けない限り中国が攻めてくることなどないし、万一バカなことをやらかして中国と全面戦争に突入したら自衛隊では対抗できず敗戦必至である。また、日本にとって、明治「維新」以来敗戦まで80年に…

謝罪と反省なくして日本の安全保障はない

■ なぜ護憲派まで9条を変えようとするのか? 自民党をはじめとする極右反動勢力が自衛隊を国軍化して憲法の中に位置づけたがるのは当然だが、そうした極右に反対し、平和憲法を守ろうとする護憲派までもが9条を改変して自衛隊の存在を憲法に明記しようとす…

自衛隊は国家の暴力装置。そんなの当たり前じゃないか

「自衛隊は暴力装置」。こんな当たり前の発言が騒動になってしまうのだからあきれる。 国家権力の行使とは、相手の意に反して言うことをきかせることだ。そのためには相手を上回る暴力を行使しうる手段を備えておかなければならない。 国家は「合法的暴力」…