読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

カナダの歴史教育がうらやましくて仕方がない

先日、spark(@Yonge_Highway7)さんがツイッターで連投されていたカナダの歴史教育の話。 まず「歴史とは何か」「歴史はなぜ重要か」から始まる。私が何回かツイートした「歴史は現在の我々がどのようにして形作られたか、我々は未来にどこに向かうのか教え…

【二度目の人生を異世界で】中華宅(中国人オタク)たちの怒りの原因は作者のヘイトスピーチではなく設定そのものだった

TVアニメ化寸前まで行きながら、大炎上の結果主要キャストの声優が続々降板する事態となり、ついにアニメ化は中止、原作本も出荷停止となってしまった『二度目の人生を異世界で』。 このラノベの問題点については、当ブロクでも以下の記事で取り上げている。…

警察署に保護された朝鮮人を「普通の日本人」たちが引きずり出して叩き殺した「藤岡事件」

■ 95年目にして初めて被害者遺族が慰霊祭に参加 先日、関東大震災時の「藤岡事件」で虐殺された被害者の遺族2名が来日し、事件から95年目にして初めて、現地での慰霊祭に参加したという報道があった。 毎日新聞(9/7)[1]: 関東大震災(1923年9月1日)で…

故・翁長沖縄県知事を侮辱するデマの発生源は青山繁晴

米軍基地への姿勢が争点となる沖縄の選挙は(選挙のない期間も大差はないのだが)、常にデマとの戦いとなる。 故・翁長雄志知事の遺志を継いで、基地負担を軽減し、豊かで誇りある沖縄の実現を目指す候補者を選ぶか、口当たりの良い言葉を弄しながら、実際に…

沖縄県知事選挙で期日前投票を強要されている沖縄の皆様へ

今年2月の名護市長選挙では、何としても辺野古新基地の建設を強行したい安倍自公政権の介入により、徹底的な組織選挙が行われた。 その強力なツールとして使われたのが、地元企業の従業員に政府側候補への投票を強いる、期日前投票の悪用である。 今回の選…

あまりにも的確な靖国神社の例え

あまりにも的確な例えだったので思わずメモ。 「てきとう」さんより: ~ 大日本ブラック帝国 ~ ワ タ ミ じ ん じ ゃ __l__ ____ __l__ _|_ __l__ _|_ ニlニ l ‐┬‐ | / |‐┼‐l ./ ‐┼‐ | | l三| | ‐+‐ | /|ヽ  ̄| ̄ /|ヽ | --‐‐ ノ 」 l ‐┴‐` | | | |…

戦争責任は他人から「言われるから」辛いという天皇裕仁の無責任

先日も昭和天皇裕仁のクソな「思し召し」特集記事を書いたばかりだが、またこの人物の無自覚・無責任ぶりを示す新たな史料が出てきてしまった。 これは1974年から晩年まで侍従を勤めた故小林忍氏の日記で、共同通信が氏の遺族から日記を預かり、各紙でその内…

上海戦で第三師団は全滅に近い損害を被った

前回記事に出てきた「ナッシー翁」さんは歩兵第68連隊所属だったという。 この歩兵第68連隊を含む第三師団は1937年8月23日、上海戦(第二次上海事変)で呉淞ウースンに最初に敵前上陸し、川沙鎮付近に上陸した第十一師団とともに、待ち構えていた中国(国民…

残虐行為の記憶は最終的に人の心を壊す

ツイッターで「ブースカちゃん」さんが、日中戦争に従軍した経験を持つ方に、「聞いてはいけない質問」をしてしまったという話を書かれていた。 僕は1回だけ、従軍経験者に、聞いてはいけない質問をしてしまったことがある。そのことを連ツイします。(・ω・) h…

天皇裕仁のワースト・オブ・クソ「思し召し」大会

こちらの記事へのコメントで要望を頂いた件、面白そうなのでやってみた。昭和天皇裕仁のクソな「思し召し」と言えば、すぐ思い当たるのはつぎのようなものだろう。 1.特攻隊は「よくやった」(1944年10月)→特攻作戦続行・拡大 海軍特攻隊の生みの親と言わ…

翁長沖縄県知事の勇気を讃えたForbes誌記事

8月8日に亡くなられた沖縄県の翁長雄志知事を、米Forbes誌が「日本で最も勇敢な男」と讃えていた。 フォーブス、翁長知事を「日本で最も勇敢な男」 pic.twitter.com/P0BECOhZGT — 松野大介 (@daisumatsu) 2015年10月2日 アメリカの経済誌という性格からし…

朝鮮人虐殺犠牲者への追悼文を今年も「控える」と言う小池都知事の悪辣さ

小池百合子東京都知事は、昨年に引き続き、今年も関東大震災時の朝鮮人虐殺犠牲者に対する追悼文を送らない方針だという[1]。 東京都の小池百合子知事(略)は一日、知事就任から二年の節目となる二日を前に本紙の単独インタビューに応じた。毎年九月に都内…

追悼 翁長雄志沖縄県知事

8月8日、沖縄県の翁長雄志知事が亡くなられた。 この日の夕方、まず翁長知事が辞職する意向だという報道が流れ、しかしすぐ県幹部がそれを否定、知事は意識混濁で職務が果たせないため謝花副知事を職務代理とする方針で記者会見が行われると報じられた。 …

内田樹氏の「象徴的行為」解釈が変

話の本筋とは関係ないので前回記事では取り上げなかったが、内田樹氏は「私が天皇主義者になったわけ」の中で、「象徴的行為」という言葉について妙なことを言っている[1]。 内田 昨年のお言葉は天皇制の歴史の中でも画期的なものだったと思います。日本国憲…

内田樹氏が「天皇主義者」となった理由を聞いて、天皇制を許してはならないという確信がさらに強くなった。

自ら「天皇主義者」であると宣言した思想家・内田樹氏が、キリスト教系の月刊誌『福音と世界』で、そのように宣言した意図についてインタビューを受けている。(以下、内田氏のブログに転載されたもの[1]から引用する。) 「天皇主義者」と自称してはいても…

死刑廃止国は代わりに現場で射殺(簡易処刑)しているというトンデモ説

■ 死刑執行と現場射殺では意味がまったく異なる 日本で死刑が執行され、EUや死刑廃止国から批判されると、死刑廃止国では死刑にする代わりに現場で射殺しているだけだ(だから日本を批判する資格はない)、という主張がウヨ方面から流れてくる。 EU加盟国は…

死刑がダメな理由は、フランス革命期の死刑執行人がすべて見抜いていた

■ あいまいな内田樹氏の死刑論 麻原彰晃(松本智津夫)をはじめとするオウム真理教事件関係者7人の同日処刑という衝撃の事態を受けて、多くの人が死刑制度の是非について自説を語っている。 たとえば、思想家・内田樹氏は次のように書いている[1]。 (略)…

関空お土産没収事件が象徴する陰湿いじめ大国ニッポン

■ 事件(これはまぎれもなく「事件」である)の概要 6月28日、北朝鮮への修学旅行から帰国した神戸朝鮮高校の生徒たちが、関西空港の税関で、親戚や友人からもらったお土産を大量に没収されるという事件が発生した[1]。 62人の生徒たちは2台の飛行機に分乗…

【野蛮】オウム処刑を見世物にする国家、煽るマスコミ、踊る「愛国者」たち【世も末】

3月15日、オウム真理教事件で死刑が確定済みの13名のうち7名が、東京拘置所から他のいくつかの拘置所(いずれも処刑施設を持つ)に分散して移送された。 このときから、近々安倍政権にとって最も都合の良いタイミングで死刑が執行されるのだろうと言われて…

はすみとしこ、「シリア難民危機への最悪の反応」で堂々の2位

伊藤詩織さんへの誹謗中傷で最近また話題となっている はすみとしこ について、今日こんなツイートが流れてきた。 シリア難民危機に対する最悪の反応トップ7はすみとしこ堂々の2位https://t.co/ECj6wJTjKW — スシローの守護霊 (@suishinger_y) 2018年7月4…

【慰霊の日】崇高と下劣のコントラストがきつすぎて目が痛い

■ 衝撃的だった平和の詩の朗読 6月23日の慰霊の日、沖縄全戦没者追悼式で、浦添市の中学生相良倫子さん(14)が自作の平和の詩「生きる」を朗読した。 今年の追悼式の中でも、この場面はまさに衝撃的だったと言える。 内容の素晴らしさもさることながら、これ…

マスコミは歴史上の事実を「とされる」などとぼかすな

朝日新聞が、関東大震災時の朝鮮人虐殺について「殺害された事件が起きたとされる」などとぼかした表現をしている。 なぜ争いのない史実をこう書いてしまうのか?この表現はすでに歴史否認主義。「95年前の関東大震災でも、同様のデマにより朝鮮人らが殺害…

【慰霊の日】被害者と米軍の目から見た集団自決(強制集団死)

■ 今日は日本が沖縄を最終的に見捨てた日 今日、6月23日は、73年前、牛島第32軍司令官が自決して沖縄戦における日本軍の組織的抵抗が終わった日であり、そのため沖縄県は、この日をすべての沖縄戦戦没者の霊を慰める「慰霊の日」と定めている。 しかし、こ…

「国を愛して何が悪い」は呪いの言葉

■ ヘイターにも人気のセリフ「国を愛して何が悪い」 出来の悪い愛国ソング「HINOMARU」を批判されたRADWIMPSは、謝罪にもならない妙な「謝罪」をしたあげく、ライブでこれを歌って「国を愛して何が悪いんですかー!」と叫んだという。 中身ペラッペラの大日…

RADWIMPS野田氏の不適切で謝罪になっていない「謝罪」

RADWIMPSのイキリ愛国ソング「HINOMARU」は、当然発表と同時に多くの批判を浴びたわけだが、作詞作曲を行った野田洋次郎氏は、意外なことに批判を受けるとさっさと「謝罪」した。 謝罪が意外だというのは、そもそも「HINOMARU」とはこんな歌だからだ。 どれ…

RADWIMPSの「HINOMARU」は教育の失敗が生んだ歌

■ とりとめもない「愛国」的語句の羅列 この歌を作った人(野田洋次郎氏)は、日の丸に対する自分の心情を素直に歌詞にしたのだろうか。 そうだとしたら、彼ははためく日の丸を見るだけで意味もなく懐かしくなり、こみ上げる思いに血潮が高鳴るらしい。 そし…

TVアニメ化されるというラノベ『二度目の人生を異世界で』の設定がひどすぎて目眩がする

■ 日本アニメ好きの中国人を嘆かせるネトウヨ原作ラノベ 先日流れてきた、日本のアニメが好きだという中国人の方のツイート。この秋TVアニメ化されるラノベ『二度目の人生を異世界で』の内容がひどすぎる、しかも原作者が中韓ヘイト丸出しのネトウヨだと嘆い…

「旧軍は体罰を禁止しようとしていたから悪くない」説は成り立たない

前回記事に対して、ブコメでこのように指摘している方がいました。 そこで、他にどんなことが書かれているのか見てみようとしたところ・・・ あれ? ブロックされているではないですか。 (記憶にはないが)こちらからブロックしてしまったのかとも思いまし…

体罰や軍隊式教育は戦後からのもので旧日本軍では禁じられていたとかいうポエムが流れてきて呆然とさせられた件

戦争体験者がいなくなっていくとはこういうことなんだな、と実感。 身近に体験者がいる間は後の世代にも共有されていた当たり前の常識が、体験者という生身の「裏付け」が失われるとともに揺らいでいき、ついにはこんなトンデモがドヤ顔で語られるようになる…

「南京大虐殺」への脊髄反射で飛んできたクソリプを観察する

南京大虐殺の最中にも日本兵が赤ん坊を串刺しにした事例があったよ、という記事を書いてTwitterでつぶやいたところ、さっそくクソリプが飛んできた。 半年ほど前、もっと多くの事例について書いたこちらの記事には反応がなかったので、恐らく記事タイトルに…