読む・考える・書く

マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。

マンガ・アニメ

軍艦スケッチ事件から見る『この世界の片隅に』のリアリティへの疑問

遅ればせながら(私はいつも遅ればせなのだが)右から左までどこを向いても絶賛の嵐のアニメ映画『この世界の片隅に』を見た。 全体としての感想はだいたい以下に引用したツイートと同じ。一言で言えば「ロクなもんじゃない」ということ。 「この世界の片隅…

「ミノタウロスの皿」はともかく「定年退食」は現実化一歩手前のディストピア日本

先日の「食人鬼と少女のお話」に関連して、やはり自ら進んで食べられる少女が出て来る「ミノタウロスの皿」が話題になっていた。 ▼藤子F御大の『ミノタウロスの皿』を知ってたら、こんなドヤ顔漫画は描けなかったのではないかと(@∀@)相手の選択の可能性を奪…

食人鬼とトロッコ問題と権力勾配

■ 食人鬼と少女のお話 先日、twitterで「食人鬼と少女のお話」という創作マンガが話題になっていた。作者(女子高校生だという)のアカウントは非公開になってしまったのでもう見れないのだが、うろ覚えの記憶によると、だいたいこんなお話だった。 飢えて死…

水木しげるが目撃した朝鮮人差別

安倍大惨事(第三次)内閣が看板に掲げ、担当大臣まで置いている「一億総活躍」。戦時中の「一億火の玉」「一億特攻」といったスローガンと重なって嫌な思いをしている人も多いだろう。 そもそも、「一億○○」といった上から目線のスローガンは、自国の民衆を…

仲哀といえばヤマトタケル

関連記事: 仲哀→応神も王朝交代 息長帯日売と建内宿禰に謀殺されて血脈を絶たれてしまった可哀想な仲哀天皇。この人、実はヤマトタケル(古事記では倭建命、日本書紀では日本武尊と表記)の息子である。 ヤマトタケルは日本神話最大のヒーローと言ってもい…

「教育勅語」で思い出した某マンガのセリフ

教育勅語についての記事を書いていて、ふと某マンガの中のセリフを思い出した。 ネタ元は書かないので、興味のある方は探してみて欲しい。 【A】 どこが違うというのだっ!? わからない!! どう違うというのだ!? 命じられたのと――している事は同じでは…

地下原発のある風景

スタジオジブリが、屋上に「原発ぬきの電気で映画をつくりたい」という横断幕を掲げて、話題を集めている。 Yahoo!ニュース(6/17): スタジオジブリ屋上に横断幕「原発ぬき電気で映画をつくりたい」 オルタナ 6月17日(金)11時7分配信 アカデミー賞作品「…